スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生芋こんにゃく作り

コンニャクコンニャクイモカットする

昨年秋の我が家の収穫作物 THE 「こんにゃく芋」で生芋こんにゃく作りました。
こんなに大きく育って、これは4年物かな。

主なレシピ

●こんやく芋        1キロg
●ぬるま湯         3リットル~4リットル
●炭酸ソーダ       25グラム
●ぬるま湯         200cc

手順  
1 芋をよく洗う
2 くし形にカットする
3 たっぷりの水で柔らかくなるまで湯がく
4 皮をむき、分量の湯とともにミキサーでなめらかになるまで砕く
5 鍋に戻して弱火で焦がさないよう注意しながら練る(粘りが出る)
6 一時間ほどねかせる
7 炭酸カルシュームを分量のぬるま湯で結晶が消えるまでといて用意しておく
8 (青のりなどを加えるときはこの時点で混ぜる)こんにゃくに炭酸カルシュームを加えてまんべんなく混ぜる
9 容器に入れて形作る。または玉にするなど形成。
10 冷めて落ち着いたら鍋で煮てあく抜きをする。
11 タッパーなどに水を入れた中で保存

それぞれの分量は正確ではなくても全然大丈夫。それらしく作ればそれなりに・・・・・・・・・・・・・・(‐^▽^‐) オーホッホ

ゆでるミキサーで粉砕炭酸カルシュームを混ぜる


私はわさび醤油で刺身こんにゃくでいただくのが好きです。
ヘルシーです。

玉コン刺身こんやく 青のり

おでんに入れたり、煮物にしてもこりこりの歯触りが美味しい生芋こんにゃくです。




スポンサーサイト

冬のある日・・・燻製

寒い日が続いていますが皆様お変わりありませんでしょうか。
あまり長いことブログ更新をさぼってしまうと、どこから手をつけてよいやらと考えてしまいます。

一月ある日、妹が燻製を作るというのでおすそ分けをもくろみながら見守っていたときのこと。(笑)

彼女のハンター夫さんの獲物なのですが、今回は大量だったようで鹿とイノシシのお肉がくさんありました。

2回目の燻製つくりの時には私もチーズや冷凍庫で出待ちのお魚などを一緒に燻製してもらい、ちょっと贅沢なおつまみがたくさんできました。


燻製作りジビエ 鹿 イノシシ試食

イノシシはちょっと歯ごたえのあるお肉でしたが、鹿もイノシシの燻製もとても美味でした。

雪の上での燻製作り、楽しかった冬の1日でした。



ハナビラタケでありますように・・・・

    DSC_6076 ハナビラタケ?

一昨日、山形県遊佐町にある高瀬峡で見つけたキノコです。
紅葉したきれいな森の中で見つけました。最初は白いマイタケかと思いましたが、どうやらハナビラタケではと推測、たぶんおいしいキノコと思うのですが自信がありません。

DSCN1367.jpg

どなたか、キノコに詳しい方、お教え下さいませ~  <(_ _)>

DSCN1368.jpg

バター炒めにしていただこうと思っていますが・・・・
はたして、本当に食べられるキノコかどうか心配なので、お預けです。

へっちょこ団子に挑戦

DSCN0900.jpg

先日、夫に「きな粉」を買ってきて欲しいと頼んだら、なんだか色の違うお粉を買ってきてくれました。

色違うし・・・・・

確かに名前は似ているけどね・・・(⌒_⌒;)

DSCN0906.jpg

「きび粉」・・・初めての食材

せっかくなので使ってみることにしました。

パソコンで検索してみると、確か、何年か前に岩手県の物産ブースで試食したことのある「へっちょこ団子」という岩手の郷土料理がヒットしました。

作り方はシンプル。キビ粉を熱湯で練って、耳たぶくらいの硬さに。 団子に丸めて真ん中をくぼませ熱湯のお鍋にポンと・・・浮き上がってきたら、それを用意しておいたお汁粉のような小豆の汁に入れて出来上がり。

お餅とも白玉団子とも違うふわふわとした柔らかさともちもち感、ちょっとほろ苦いのが又良い感じ。優しい食感でとても美味しくいただきました。

小豆は無かったのであんこを買ってきて汁にしました。今度は小豆から煮てみようかな・・・・・ヾ(▽^  )ゞ

オーブンレンジ

新オーブンレンジ

毎日寒い日が続いていて、家にこもってネットサーフィンしてるせいか、新しいオーブンレンジを買ってしまいました。
電気店に行っては目の保養で見回っていた高機能オーブンレンジ、昨日値下がりしているのをみて思い切ってついクリックしてしまいました。
早いものですネットショッピング。注文してから24時間後には我が家に到着です。

旧オーブンレンジ

今までのレンジはほとんど電子レンジとしてだけで使っていて、オーブンの機能がいまいち不安定だったので、オーブンとして使っていませんでした。
これからは今更ケーキでもありませんが、色々な面で新しいオーブンは優れていそう・・・

96年製ですから約15年くらい使っていたことになるのかな・・・
それにしても、ずいぶん長いこと辛抱して使っていたものだと思うのは私だけ?σ(^_^;



(o^ー^)oうふふ・・・これからはあれこれとフル活用して、豊かな食生活を・・(^O^)/送るぞぉ~
・・・と宣言しないと、又今まで通りの温めるだけのレンジとしてだけで使ってしまいそうなので・・・(*^m^*)

♪o(゜0^*)~☆ 調理器具が新しくなるのは嬉しいことです。

2011 群馬にて夏 ②梅干し

      梅干し
花巻から持ってきた今年の梅干し、さっそく庭で干しました。
美味しい梅干しさんになってくれますよに・・・( ̄|| ̄)合掌

2011 味噌作り

今年のお味噌作り完了
       出来上がり

震災から2か月、余震も少なくなったので今年も又自家製味噌を作りました。

     DSC_8171.jpg 

     
潰して・・・ 

昨年群馬の家の畑で作った「コウジイラズ」、無農薬の不作豆ですが、2,3㌔ほど煮ました。

大豆を良く洗い、前日から水に浸しておく

大きな鍋で豆が柔らかくなるまで根気よく煮る

いよいよ 味噌作り・・・・・

準備する物・・・・・・塩
           こうじ
           種味噌(無添加の古いお味噌)
           種水(煮汁)+塩


こうじと塩はあらかじめ合わせて置く (ざらざらしてるのでビニール手袋があると良いかも)

煮あがった豆はざるにあげて汁を切っておく(煮汁は種水として使う)

豆をつぶす  (我が家では餅つき機でつぶします。ビニールの袋に入れて潰しても良い)

つぶれたものを、塩と合わせた麹と混ぜあわせる。
この時、種水も加えて固さを調節しながら混ぜる。

準備ておいた保存容器に、高い所から投げつけるようにしながら入れてゆく(空気を抜くため)

味噌の表面にラップで密着して蓋をして封をする。その上に、ビニール袋に入れた塩などで隙間が空かないように重しといして乗せる。



    塩と麹を合わせる  豆と麹を良く混ぜる

今回、一回り大きなお鍋を新調いたしました。
これで2キロの豆が煮れます。麹と豆を混ぜるのにも重宝しました。

これで来年には又手作りお味噌が使えます。
でも、たぶん、又お味噌を作るかも。2キロではちょっと少ないな・・・・(⌒_⌒;)


http://miya54tabi.blog56.fc2.com/blog-date-20090417.html
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。