スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8人で破風岳登山

8月15日  
 DSC_破風岳5070   DSC_破風岳4469


今日で8月も終わり
夏の日の思い出を今月中にアップしよう
群馬にかえっていた夏休みのある日の朝の山登り

DSC_ココちゃんと一緒4453

前日に若者たちが行って来て、とても素晴らしい絶景の山があるという事で、子供たちは再度、私たちは初めての破風岳登山をすることになりました。
時間の都合で早朝に家を出て、一路、万座温泉の奥地の小串鉱山跡地まで一時間半ほどの道のりを登って行きました。
今回は甥の長女の小さな登山者も一緒、お盆に集ったメンバー8人でした。
登りに30分ほどの登りですが、パパは力強い、頼りになります(*'ー'*)♪

DSC_4絶壁よりの眺め389 DSC_破風岳4437 DSC_破風岳5107 DSC_眼下を・・・4390


朝には見えていた山も、到着後に山道を歩き始めた頃から曇が垂れ込めてきてしまい、山頂からの景色は残念ながら曇の切れ間に時々覗くだけ。
それでも1999メートルの絶壁の山に立つと、霧の流れる山の景色は広さと大きさと、谷から吹き上げる冷たい風の神秘に満ちています。


出かけに持ったありあわせの朝食を山頂でとり、朝の空気を胸いっぱい吸ってしばらく休憩。
ここにはなぜか郵便受けが・・・・・「(°ヘ°) ありゃ?

      DSC_みんなで登山4397

ここ小串鉱山は昔、硫黄を掘っていた人たちで賑わっていたこう鉱山の村でしたが、地すべりの事故があり二百人以上の犠牲者の出たという歴史を持った場所。
当時使用していた錆びた鉄塔が、今も物悲しく残っていました。
あいにくのお天気で遠くまでの視界は無かったのですが、晴れていたらとても素晴らしい絶景が広がっているそうです。

         DSC_廃坑の異物5008.jpg               DSC_ジロー清水4331

道路脇に落ちていた湧水「ジロー清水」はとても冷たくて美味しいお水でした。
朝早くから出かけた山歩きでしたが、たくさんの仲間と行くのは楽しいもの・・・・d(^_^o)
スポンサーサイト

松島基地 航空祭

8月26日 53回松島基地航空祭
     E-2C 早期警戒機


昨年に引き続き今年も晴天の下、松島基地の航空祭に出かけてきました。
昨日の疲れも節々に残る朝でしたが、大空を舞台に繰り広げられる航空祭を見逃すわけにはゆきません。昨年は満員電車に辛い思いをしたので、今年は少し学習して、会場の矢本駅近くのJR駅まで車で行って、二駅ほど電車に乗るだけにして、帰りに奥松島観光をすることにしました。
d(^_^o) これは正解でした。

     RF-4E 偵察機


昨年来ているので傘を持ったり、飲み物を用意したり、場所の選定もほぼ満足の行くところを確保。
松島基地からのジェット機は、訓練飛行で我が家の上空をよく飛行していますが、近くで見る機体はすごい迫力、なぜか飛行機好きのσ(⌒▽⌒;)

 偵察機  F-2B 支援戦闘機  アンパンマン ブルーインパルス


戦争映画はあまり好まないので、たぶんそのような映画や実際の戦争などで活躍している、戦闘機だったり偵察機だったりするのでしょうが、深く考えないでこの速さとか、正確に訓練された大空のショータイムに感動でした。
     ブルーインパルス


会場の芝生の最前線には、立派な大きなカメラを持ったおじさんたちが陣取って、飛行するジェット機やブルーインパルスの演技をカメラに収めていました。
まぁ・・・私もですが、カメラを構えた女性の姿はあまりいないことに気づきました・・・・・♪( ̄_/■ゝ☆

空に星  観客  ブルーインパルス  DSC_4972.jpg


一番のメインイベントは午後からのブルーインパルスの飛行かもしれません
大空を縦横無尽に駆け抜ける6機の飛行編隊が、空いっぱいに見せる演技の数々、空を飛ぶってステキ(* ̄▽ ̄*)

     20070828142936.jpg


新聞の発表によると、この日会場に訪れた人は7万7千人ほどとのこと。
小さなお子さんの体験コーナーや、乗り物などもあり家族連れやカメラを持った人たちで賑わっていました。
普段、近くで目にすることのないヘリコプターやジェット機、好奇心旺盛な私にはとても興味深い非日常的な光景に、暑さを忘れてカメラと遊んだ一日でした。
写真、撮りすぎちゃった・・・・(´。`;;;)ハァ~ (笑)

ブルーインパルス FH-60J 哨戒ヘリ 戦闘機 体験

   (小さな画像はクリックしてご覧下さい

昨年の記事↓
http://miya54tabi.blog56.fc2.com/blog-date-20060828.html

栗駒山登山 (3回目)

8月25日 晴れ
昭和湖

天気予報どおりの晴天の中、今年も夏の栗駒山登山をして来ました。
栗駒山は秋田県、岩手県、宮城県の3県に隣接した山、今回は夏の昭和湖を訪れてみたかったので、須川温泉からの岩手県側からの登山としました。こちらからは須川岳と呼ぶらしいのですが・・・

昭和湖は須川岳の火口湖で、神秘的な緑色の湖です。
時折湖面を渡る風がさざ波を作り、淡い色が湖面の景色を塗りつぶす。
見飽きることの無い景色だけれど、先を急がねば・・・・・

    須川岳

標高が千メートル以上ある高原でも、この夏の晴天は陽射しが強くて暑い(;^_^A アセアセ
昭和湖で少し休憩をしてから又歩くこと一時間ほどで山の稜線に出ます。
道しるべも十字架に見えるほど、今回の登り坂はキツカッタ~(→o←)ゞ

鳥海山を望む    シロバナトウウチソウ    オニヤンマ    リンドウ

ここまでくれば周囲の景色も開けて、山すそからの冷たい風に生気を取り戻すことが出来ます。
山の彼方には、まだ残雪の鳥海山がきれいに見えていました。あの辺りが庄内平野・・・・・
山には驚くほどたくさんのトンボがいて、大きなオニヤンマも羽音を立てて近くを飛び交っていました。

yamaajisai


山頂で昼食のおにぎりを食べて一休み。
お天気が良くて宮城県側も霞んでいましたが見通すことが出来ました。
山頂の風は心地良い満足感をもたらします

子羊曇

帰り道は初めて通る産沼経由で下ることに・・・・
ほとんど人気の無い道、(゜゜(。。(゜゜(。。 ウンウン 確かに。
狭くて草木に覆われて足場もあまり良くない道。ヒツジ曇も心配そう・・・
でも小路の両側には山のお花がたくさん咲いていて、飽きる事無く下りて来れました。

産沼    赤い実    シオガマ?    シオガマ?

往復5時間ほど・・・・・
暑い中をよく歩きました。
帰りに立ち寄った須川温泉の気持ちよかったこと・・・・・生き返ったァ\(●⌒∇⌒●)/

前回の須川岳登山↓
http://miya54tabi.blog56.fc2.com/blog-date-20061022.html

ヤナギラン 

ヤナギラン


撮りためた画像を小出しに・・・・・(*^^*)
高峰高原から湯の丸高原まで下りて来ると、この時期にはどうしても見たい景色があります。
高峰高原にもたくさんのヤナギランはあるのですが、満開には少し早くて蕾の方が多かったので、いつもの湯の丸高原スキー場のゲレンデに・・・・・

ヤナギラン

 お花の多い年と、時期によっても様々ですが、ここにはたくさんのヤナギランが群生しているのです。
もったいないことに知っている人は少ないようで、観光客もあまりいない静かな穴場スポット。
ヤナギランだけではなくて、他の夏草もたくさん咲いているので、お弁当などを持ってゆっくりと散策したい場所でもあります
                       ヤナギラン

ヤナギラン

                          ヤナギラン

  ヤナギラン

風に揺れる可愛いお花、ヤナギラン。
夏にはどうしても一度は見たいお花です

ヨツバヒヨドリ  ヤナギラン  ヤナギラン  ヤナギラン


   めぐり来て 夏のしおりか ヤナギラン

アサギマダラに・・・

アサギマダラ   
       アサギマダラ
   
昨年はじめて意識して見た蝶、アサギマダラに今年も山を歩いていて出会えました。たぶん子供の頃から何度も見ているはずですが、変わった模様のきれいな蝶というくらいの認識しかなかったと思います。
それが、昨年栗駒山を歩いていて見つけ、カメラに収めて名前を調べ、初めて知ったアサギマダラの神秘に、小さな興奮をおぼえた記憶が残っています。


    アサギマダラ            アサギマダラ

爽やかな高原の空を、ひらひらと風に揺れながら私たちに挨拶でもしに来てるかのように、周囲を舞っていたアサギマダラ。
高原のお花になんとも似合う蝶。
この小さな体で、信じられないほどの距離を飛行すると言う、旅する蝶。
君も旅人か・・・・・


アサギマダラ   アサギマダラ


ヨツバヒヨドリのお花の蜜をたっぷり吸って、このあと何処まで旅して行くのでしょう (* ̄▽ ̄*)

http://miya54tabi.blog56.fc2.com/blog-date-20060808.html

家族で夏山登山、水の塔

8月13日晴れ
家族で登山

このお盆休みは、5月のゴールデンウイーク以来の家族揃っての休日でした。
この夏に家族揃って山を歩こうと、最近山歩きを始めた娘が言ってくれたので、前回も娘と登った水の塔山でしたが、息子は初めてだったのでこちらに登ることに・・・・・・
この猛暑ですから少しでも高いところに、という目論み通りニ千メートルを越える山の上は陽射しは強かったけれど爽やかでした。

快晴の高峰高原  夏山 山頂  ハクサンオミナエシ

高峰高原はこの時期、夏のお花真盛りで前回には咲いていなかった、ヤナギランやニッコウキスゲ、シモツケソウやマツムシソウ、ヨツバヒヨドリ、ノアザミ、ヒメシャジン・・・・など数え切れない数のお花に彩られていていました。
高峰温泉の前から木立の中の登山道を登ってゆくと、可憐なマツムシソウが出迎えてくれます。

ハクサンオミナエシ


木立を抜けて、山のガレ場の岩陰にはハクサンオミナエシの黄色いお花やホツツジ、クルマユリなど様々なお花が咲いていて、カメラマンたちは中々前に進めません(*^^*)

     マツムシソウに蝶



ミヤマホツツジ   ミヤマホツツジ


山頂の見通しの良い所でおにぎりやお菓子を食べながら、ズッコケ家族のドジ話に花が咲く、いつものお笑いタイム。成長した子供たちとこのような時間が持てるようになろうとは・・・・・( ̄ー ̄)v 
やはり、人生は健康で長生きせねばね・・・・( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん

下山後は湯の丸高原に下り、美味しいソフトクリームを食べてから、ヤナギランの群生しているスキー場に。
その時の画像は後日・・・・・

楽しい一日でした。ヘ(*^0^*)v

猛暑の夏休み 大豆畑の見回り

連日の暑さの中、皆様お変わりありませんか?

今日の群馬県館林の気温は40度以上とか・・・・・・(;;;:´;Д;`:;;;)
同じ群馬県でもこちら標高1000メートル地点の嬬恋村の我が家では、34度ほど、といってもこのような高温の夏は珍しいことです。地球温暖化のせいでしょうか。でも、朝晩は20度以下まで気温が下がるので過ごしやすいからとても楽なのです。涼しくてごめんなさい f(^_^; スンマセン

11日にこちらに来て、家族が集まり、母の新盆の行事があり、等などのあわただしい日々の連続で、パソコンを開く間もないほどでした。

大豆麹いらず

こちらに来ると気になるのが、父に畑を借りて作付している大豆の育ち具合です。多少のアクシデントはあったものの、何とか元気に葉を広げて伸びていてひと安心(*^∀^)!


野菜畑

畑に来たついでにきゅうりの畑で出来立てをゲット(V^-°)イエイ!

ブルーベリー

ついでにブルーベリーも・・・・・・
甘くてほんのり酸っぱい高原の味 ( ^0^)_。 イタダキマース

ユウスゲ

久しぶりに会った娘と一緒の畑までのドライブ、帰り道はさらに遠回りをしてお花を見つけながらの帰り道でした。

留守宅 水やり対策

    ローズマリー

早いものでもう8月、お盆の時期がやってきました。
例によって又我が家も大移動の波に乗って、明日から群馬に行きます。
今回は約一週間家を空ける予定なのですが、そこで問題なのがベランダの植物の水やり対策なのです。
このローズマリーは我が家に来てから15年くらいたつ家族のような植物、ずっと一緒に引っ越しを繰り返してきた大事なローズマリーなので、枯らすわけにはゆきません。
大きすぎるのでお友達に預けることも出来ないし、連れてもゆけない。

毛管現象 みずやり実験中   水やり中

そこで考えた水やり対策です(*^▽^*) ニョホホ
ベランダで増えてしまった他の鉢植えのことも考えねばならないし・・・

そこで考えたのがこんな方法。
バケツに汲み置いた水から細い紐を利用して、毛管現象を利用して高いところから低い鉢植えに少しずつお水を流そうという案。
紐の太さや、材質によって吸い上げる水の量も違うようなので、ただいま実験中。
出発までに、鉢の大きさ等を考慮して鉢にお水が垂れるようにするつもり。うふふ♪ (* ̄ー ̄)v
さて・・・・・帰ってきた来た時に植物たちは元気に迎えてくれるのでしょうか(* ̄▽ ̄*)

こちらは以前の記事です↓
http://miya54tabi.blog56.fc2.com/index.php?q=%B1%AB%A4%CE%C6%FC%A4%CE%A5%ED%A1%BC%A5%BA%A5%DE%A5%EA%A1%BC

http://miya54tabi.blog56.fc2.com/blog-date-20070329.html

夏の月山に・・・

8月7日 月山登山  
  コバイケイソウ

連日の蒸し暑さを脱して山形県の夏スキーのメッカ、月山に行ってきました。
天気予報はイマイチの不安定な天候でしたが、時折霧の流れる月山はニッコウキスゲやチングルマ、ミヤマセンキョウ、ウサギギク、コバイケイソウ等、珍しいお花がたくさん咲いていて、濃い緑と、残雪を背景に、感動的な景色が広がっていました。

月山  トウゲフキ  お花がいっぱい  牛首に向う  
今回は天候のこともあり山頂には登らずに、姥が岳から牛首経由のトレッキングの予定で、まだ雪の残る登山道を登って行きました。
 ゆるやかに広がる月山の大パンのラマには色とりどりのお花が咲いていて、ただただ感嘆の声ばかり・・・・・
谷から流れてくる霧は様々に形を変えて景色を変えて行く、ちょっとドキドキの天候。


 雨が・・・・

心の中で 〔†〕 m( ̄0  ̄〃)雨が降りませんように!!  との願いも虚しく、途中でポツポツと雨が降り出してしまいました。
持ちあわせの雨具で身を包んだものの、雷の音と激しくなってゆく雨風のため、安全第一で戻る事に・・・・・
残念! (* ̄▽ ̄*)
            
雨上がり 庄内平野が 雨上がり姥が岳より ミヤマリンドウ

今来た道をしばらく戻り、姥が岳に着く頃には雨もやんで・・・・
霧はすべて流れて、それまでは見えなかった周りの山々や、眼下には庄内平野までもが見渡せるようになり、雨上がりの素晴らしい景色が広がっていました。
w(°o°)w おおっ!!

チングルマ

雪解けしたばかりの斜面にはチングルマが今を盛りに、可憐な姿を見せてくれました。

ヒナザクラ 雨も上がり・・・  下山

以前こちらから登ったのは晩秋のころ、紅葉の素晴らしい時でしたが、夏の月山は様々なお花に彩られて、緑の大パノラマには残雪の白が色鮮やかに輝き冷たい風を流していました。
以前の記事です↓
http://miya54tabi.blog56.fc2.com/blog-date-20061110.html
シシウド

早めの下山で西川の「道の駅にしかわ」の日帰り入浴に寄って、冷えた身体を温め帰路についたのでした。
今回もお誘いいただいたTさんご夫婦のおかげで、夏の月山に行って来れた事は感謝感激です。ありがとうございました<(_ _)>

ニホンミツバチさん、ありがとう

前回7月に群馬に帰ったときに蜂蜜採取をして来ました。その時の蜂の巣板を一片持ち帰り、冷蔵庫に保管していたのですがそろそろ取り出して、マクロ写真を写したり、垂れ蜜を採集したり遊ばせてもらいました。
いつも思うのは、神秘的な美しい模様・・・・・

ニホンミツバチの巣

蜂の巣 模様

蜜の貯蔵庫

この六角形の貯蔵庫の中にあま~い蜜がたっぷりと・・・・

巣箱       蜜採集      この一片を持ち帰り

この時は、父と協力してこちらの巣箱から初めての蜜の採取でした。
ちょっと、心臓ドキドキでしたが、案外おとなしくしていて、スムーズに作業が終了しました。
(* ̄▽ ̄*)ホッ!

蜜蝋

これは蜂の巣の巣材から精製して造った蜜蝋、きれいなオレンジ色で甘い香りがする蜜蝋です。
利用方法は検討中ですが、これでハンドクリームやリップクリームなども作れるとのこと、いつかチャレンジしてみたいですね。

       蜂蜜飲料を・・・          ミツバチ

ニホンミツバチの蜜は、百花蜜と言われるように季節の花によって甘さも味も様々、昨年採取した蜜に比べて、今回の蜂蜜はさらっとした感じで味もマイルド。
レモンやお酢を入れた蜂蜜飲料は夏のスタミナ源、さっぱりとしていておいしいです。

  ミツバチさん □Dヽ(^○^)イタダキマース!

小さな沼の夕暮れ

    夕暮れの沼

午後5時ころ、通りかかった森林公園
沼にはびこる浮き草と水面に映った景色がとてもきれいだったので、写真を写していると・・・・

      鴨が・・・

下の沼から飛び立った鴨たちがこちらの沼にやってきました
鴨たちは餌を探したり、喧嘩をしたり、羽づくろいをしたり、のどかにくつろいでいる様子、雛たちも数羽泳いでいました。

ヒグラシ  鴨

ヒグラシの甲高い鳴き声が緑の谷にこだまして、夏の夕暮れがせまり来る小さな沼のほとりで

   鴨が・・・

一句・・・・・  泳ぐ鴨を 見ているだけの ヒグラシの夕  (* ̄▽ ̄*) シーン・・・   
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。