スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霜の朝、ヤマガラの朝食

24日(水曜日)
     朝霜_6961


群馬の家に一人居残り迎える三日目の朝の景色です。
昨晩の満点の星空が用意したのは、抜けるような青空と真っ白な霜の朝でした。
標高千メートルの高原は美しい紅葉に彩られています。

    ヤマガラ 6946


初夏に雪のように真っ白な花をつけたハクウンボクも硬い実となり、黄色く色づいた葉っぱの影で揺れています。
そこに毎朝忙しくやってくるのは小鳥たち、特にこの春我が家の巣箱から巣立ったと思われる?ヤマガラがひっきりなしに、朝のご飯をついばみにやって来る。
枝からはずした実を器用に余計な皮を口ばしで落とし、一粒くわえて巣に運んで行きます。

  朝の光6952  ヤマガラ6945  ヤマガラ朝食タイム6949


忙しい朝の光景、にぎやかなヤマガラです

           ナツハゼ6608


枝に残ったナツハゼの実、白い霜が溶けて光を映す水滴に・・・・・・

   最後の一枚6956


朝の光のなんと眩しいことでしょう
スポンサーサイト

ステキなウエディングに

  21日(日曜日)、軽井沢で甥の結婚式があり出席してまいりました。
 
 ウエディング6815


この晴れの日を祝うように、真っ青な空に冠雪の浅間山がくっきりと・・・そして色づき始めた木々の紅葉が二人の幸せを応援するように美しい軽井沢でした。

      DSC浅間山_6707      神の前で・・・6785


おめでとう○○ちゃん、可愛いお嫁ちゃん
あふれる幸せに終始笑顔の美男美女のステキなカップル
雑誌のグラビアページから抜け出して来たようにステキな花嫁さん

    幸せのおすそ分け、ブーケ投げ・・・

                                    お色直しでステキなドレスに・・

あの小さかった○○ちゃんが明るくステキなパートナーとめぐり合い、二人で漕ぎ出す人生航路を祝う門出の日。熱いものがこみ上げてきます

アニバーサリーグランジュール オードブル     小さな参列者ココちゃん


美味しいお料理やドリンクと、集まった人たちの心からの祝福に満ちたステキな時間に、しばし酔いしれた一日でした。
         末永くお幸せにねd(^_^o) ネッ

栗駒・秣岳(その3)

  10月6日登山の記録
間延びしてしまった栗駒・秣岳登山の最終章~♪ (* ̄ー ̄)v 
お待たせ~ って誰も待ってはいないか・・・・・ (* ̄▽ ̄*)

 秣岳に・・6297


前の週に引き続き登った栗駒山、計画では栗駒には登らないで分岐よりまっすぐに秣岳方面に行こうと計画でしたが、計画を破るのはいつもσ(⌒▽⌒;) わたし。
そして帰りのルートも、計画では竜泉が原の写真を撮ったら、もと来た昭和湖へのルートを下る予定だったのだが・・・・・

   しろがね草原6286     秣岳 6295

竜泉が原の素晴らしい紅葉景色にしばし酔いしれ、昼食をとり終えたのが13時でした。
まだ日も高い、目の前に広がるまだ見ぬ秣岳への未知なる景色の探究心に負けて、登山者からの情報を頼りに秣岳向かって歩き始めたのでした。
はじめてみる景色、何処もかしこも紅葉真っ盛り、山の上に広がるしろがね草原、角度を変えて見る栗駒山、疲れていましたが、素晴らしい景色が勇気をくれました。

       秣岳山頂6320  秣岳山頂より須川湖、須川温泉
秣岳到着が14:30、ほっと一息の山頂でした。
ここは秋田県皆瀬村、標高は1,424メートル、眼下の須川湖や須川温泉が見渡せました。

湿原散策6345

しばらく山頂で休憩してから下山。歩かなくては家に帰れない・・・・・
ようやく国道脇の登山道入り口に出たときの安堵感。でもここから駐車場の須川温泉までは4キロほど、長い道のりを国道を歩かねばなりませんでした。ひたすら歩いて・・・・
疲れきってはいたものの、いつもの日帰り入浴の栗駒の湯から見える湿原に寄って見ることに。16:17分。
夕暮れ時で人気の無い遊歩道の木道に、大の字になって寝転んで見た夕日がきれいでした。
体中の骨のきしむ音、ポキポキポキ、気持ちよか~/( _v_) ̄θ

           湿原 6334    mapserv秣岳


全長約12キロ(らしい)、よく歩きました。
肺まで赤く染まりそうなほど、紅葉の中で呼吸して、栗駒の秋を満喫した登山でした。

チャンチャン! お終い。

追伸・・・・明日から群馬にヤボ用で出かけます。帰り未定です(*^^*) フフ

南蔵王登山 南屏風岳まで

10月14日(日)
    南蔵王登山6368

朝からの好天、蔵王紅葉、来週は群馬・・・・
いくつかのキーワードが揃って、早朝からそそくさと山歩きの準備
このような事態に備えて作り置きしてある、梅干を入れて冷凍したおにぎりを解凍して、海苔とありあわせの食料をリュックに詰め込んで、朝7時に家を出発。
行き先は車の中で検討、車が駐車できたら南蔵王を歩くことに決定、この日は蔵王に向かう車の量の多いこと。さすが紅葉見ごろの蔵王です
9時南蔵王登山口に到着、何とか無理やり駐車スペースを確保して9:25分スタートできました。
登ってくる間も道の両側は色鮮やかな紅葉に彩られて、気持ちも高ぶって足取り軽く昨年以来二度目の南蔵王登山道に入って行きました。

南蔵王6554  芝草平6399   前山_6413


先週は栗駒登山、これで3週続けての山歩き、頑張っています。(*^^*) フフ
お天気さえ良ければ山歩きは最高、心に贅沢な栄養素、おまけに体力アップにも良いし、ただ不満なのがやせないこと。こんなに歩いているのに・・・・(* ̄▽ ̄*) ぶつぶつ・・

   紅葉6515

何度見ても自然の作り出す芸術作品には感動です。
誰かが言っていました「人は感動するために生きている」のだと。人生のターニングポイントを超えて、出来るならば楽しく、たくさんの感動を数えて生きてゆきたい。そこに夢もプラスして d(^_^o) ネッ

  水引き入道_6419  南屏風岳、不忘山6430  南屏風岳より蔵王_6436

前山、杉が峰、芝草平と越えて屏風岳に来るとすっぽりと美しく紅葉にした山「水引き入道」が見えました。この山の名前をすっかり烏帽子岳と思い込んでいた私でしたが、山で出会った登山者の方から教えていただきました。変な名前、でも紅葉は最高にきれいでした。
360度の視界、広大な景色、空と一体化出来そうな高度、四季折々いつでも山は良いものです。

 南屏風岳 6437  不忘山を望む 6438

昨年登山したときは
水引き入道の分技点まで、ガスもかかって視界もあまり無く引き返したのですが、今回は最高のコンディション。
出来ることなら不忘山まで足を延ばしてみたくて南屏風岳まで歩いたのですが、ここまでの距離が約6キロ3時間、この先1.5キロ、40分歩いてからの帰りを思うと、ここまでが限界でした。
先週も約12キロの山歩き、今回も12キロ、我ながら良く歩いたものと感心の南蔵王でした。

栗駒・秣岳(その2)

秣岳を望む 6171


今回二度目に登った目的はこちらの竜泉が原の景色を楽しむためでした。
須川温泉まら一時間で昭和湖に、そこからさらに登ること一時間ほどで天狗平という分技点に出ます。ここが秋田県側からと岩手県側からの登山者の合流地点。
このまま秣岳を目指してもよかったのですが、せっかくの紅葉を余すことなく満喫したい欲張りな私は、さらに30分ほどかけて栗駒の山頂まで行き、又ここまで戻って秣岳をめざしたのでした。

天狗平まで戻り、今度は反対方向に進むと、程なく御駒山という切り立った尾根に出ます。やはり今回来て正解!そう思えた瞬間でした。
眼下には昭和湖と竜泉が原湿原の錦の紅葉景色が広がっていました。たとえようの無い美しい景色に谷からの強風にあおられながらも、しばしのあいだ目が離せません。感動(* ̄▽ ̄*)

    昭和湖・竜泉が原 6195   竜泉が原 6174   秣岳6232


この丘の上には谷からの強風が想像を絶するほど吹き上げてきます。
しばらく写真を撮ってから風をかわす木陰を見つけて少し遅れた昼食をとり、下山ルートを検討。
秋田県側から登ってくる登山者からの情報を参考に、初めてのルート須川湖の近くの秋田県成瀬村からの登山口に下ることにしました。

紅葉の窓より天馬尾根を望む6241


まだ午後1時半、陽は高いし、女性のグループも降りて行くようだし・・・・・・
未知なる風景への期待を抱いて、先に連なる秣岳を目指して御駒岳を下り始めたのでした。
この先の長い道のりなど知るよしもなく (* ̄▽ ̄*)

栗駒・秣岳(その1)

    紅葉撮影へり6103
10月6日(土)
連休の初日、快晴の栗駒山に再度登山

先週に引き続きの登山でしたが、まさに見ごろの紅葉の栗駒でした
朝八時過ぎに須川温泉の駐車場に到着したけれど、すでに満杯に近い駐車場
さすが紅葉のメッカ、見ごろの栗駒山です
気温は前回よりも温かい。
下から見上げる山々は赤や黄色に色づいていい感じ (^v^)


DSC栗駒登山_6099

山頂に近づくに従って色を増す山肌の紅葉
ただただ感嘆のため息が・・・・(* ̄▽ ̄*)

栗駒6148

陶酔、そんな言葉がぴったりの景色
何処もかしこも・・・・・

栗駒6139

何処もかしこも紅葉に染まり・・・・

山頂ラッシュ6136

山頂は宮城県側からの登山者
岩手県側からの登山者
秋田県側からの登山者が集合してすごい賑わいでした

栗駒山6087

今回の目的は栗駒山ではなくて秣岳からの景色の撮影
でもね
せっかくここまで登ったたのだから栗駒山頂も踏まねば・・・・

何処もかしこも紅葉に染まった山
美しい風景でした

コウジイラズ畑にカモシカ

 DSC_しぼち南義5684

9月末の連休、群馬での記事をアップし忘れていました   ヾ(ーー ) オイオイ

例の麹いらず(大豆)の畑、その後
久しぶりに見回りに行くと・・・・・
先日の台風でほとんどが倒れたり、寄りかかったりの有り様
根元に土を寄せたり、支柱を立てたりしての復旧作業に (;^_^A アセアセ


麹いらず 

枝にははたくさんの大豆の実をつけてくれていました
中を割ってみると、こんな感じ

その夜、枝豆にして湯がいていただきましたが
こくがあり、甘みがあり
とっても美味しかったです

(^~^)~^)~^)^~^)゛ ムシャムシャ  うま~

カモシカ現る・・・5702

ようやく作業も終わった頃に・・・・・・
植木の影からのっそりと現れたカモシカ君
何しに現れたものやら
その場に立ち止まりしばらくこちらを観察
逃げるのかと思いきや
前進

w(°o°)w おおっ!!

DSC_かもしか

大豆は食べないらしいので安心ですが
いったい何を求めて現れたものやら
どっしりと構えて、さほどの警戒心も無い様子

しばらくお互いを観察しあった後に
ようやく
踵を返して林の中の沢に消えて行きました

父の畑ではカモシカ被害もだいぶ出ているようですが、
動物好きの父は、猫なで声でカモちゃんを呼んでいました
ニャハハ (*^▽^*) 

タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。