スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北上川 芦原風景

北上 芦原8791

北上川の葦原、先日の歌津までの行き帰りに見た風景です

葦原 _9067

北上川の河口に沿って何キロも続く葦の原、あいにくの曇り空でしたが、柔らかな葦の色がきれいでした。
鳥たちの絶好の隠れ家、葦の間からけたたましいほど賑やかな鳴き声が響き渡っていました。

北上川 9073

シジミの養殖が行われているようで、小船があちこちに停泊していました。

北上川 芦原8842

川沿いの道は葦原と共に続いて、見飽きる事の無い景色でした。
もう一度行ってみたい場所です。
スポンサーサイト

ようやく味噌作り

ようやく味噌作り

       味噌作り 開始


昨年、味噌豆用の大豆「コウジイラズ」の作付けを行い、秋に収穫した豆でようやく味噌作りです
探していた生麹が手に入り、段取りが出来たので、この休日に仕込み完了。

麹いらず種まき → その後 → 見回り → 麹畑にカモシカ → 収穫

初心者農婦ですから収量は少なかったのですが、何とか2キロほど収穫。
(^◇^;)σ まあ、自家用お味噌ですから、妥当な量かと・・・・・・(*^∇^*)ニャハハハハ

2キロの大豆を良く洗い、水に浸して一晩置いてふやけたら、大きなお鍋に汁ごと移してコトコトと・・・・・・・・・・・・・・

          米麹 0

町の産直市でようやく見つけた生こうじ、これがなくては始まりません

          豆を水に浸す 味噌作り 開始010

さっそく乾燥豆をお水に浸して煮る準備です。けっこう膨らんで増量します

          こんなにたくさんに 味噌作り 開始004

我が家の一番大きなお鍋ですが、こんなにいっぱいになってしまい、これでは煮る事が出来ないので別のお鍋に分けてダブルで煮ました。
コトコト、コトコト・・・・・・・・・・・

               つぶす 

昨年購入した餅つき器、お餅をつけるのは当たり前ですが、味噌大豆をこねる羽根が付いていたので買いました。
楽です、それまでは小さなフードプロセッサーで繰り返し、繰り返しの作業でした。
(* ̄▽ ̄*)ふーでした。

          容器に詰める

つき上がった大豆に塩1キロ、麹2キロ強、昨年の種味噌200グラム、煮汁適宜を全部混ぜて・・・・・・・
これがなかなか大変な作業なのですが、楽しくもあります。
混ざったら適当な大きさの玉にして、種味噌を敷いた容器のそこに隙間が出来ないよう叩きつけて入れてゆきます・・・・・・・・・(‐^▽^‐) オーホッホ 

セイヤッ (  )ノ ((((((●~* エイッ!!( ・_・)/------●ベチャ! ドスッ!
こうして味噌との格闘が終わって、容器に収まった新しいお味噌は、静かに眠りについたのでした。

          手前味噌 熟成?

昨年の今頃作ったお味噌、だいぶ良い色になり美味しくなりました。
塩分10%ほど?の甘いお味噌だから、お味噌汁にはたくさんの量の味噌を入れます。
だから減ってゆくのも早いけれど、美味しい味噌汁が出来ます。
豆にこだわり、塩にこだわり、作り方にこだわり・・・・・
毎年やめられない味噌作りです。

    19年度手作り味噌 

昨年のお味噌を使って、今夜はとん汁です。
ナベに材料入れてぇ(*・∇・)ノミ【_】・・・・・・・・ (*・∀・)ッ【ω】~~~ 煮込むぅー♪


昼の海

    昼の海風景 080222004

先日からの腰痛のため、海の近くの整体院に行ってきました。
数日前までは我が家の近くで営業していたのですが、諸事情で隣町の自宅に移転してしまったので、やむなく家を探して海辺まで・・・・(*^^*) フフ
10時予約で入り、終わったのは11時40分頃。

(= ̄  ̄=) ・・・気持ちよか~zzz

それで3,500円ですからとってもお安いかと・・・・d(^_^o)

    昼の海 080222010


日差しの温かな日で、海はけだるい乳白色にかすんでいました。
波の音だけがザザザー、ザザザー、ザザザー・・・・・と。

    七ヶ浜海の風景  080222015


誰も居ない浜辺に下りて、カメラを片手に砂浜を歩く。
日差しは柔らかいけれども、海からの光の反射がキラキラと目に痛い。
浜辺を飾るのは、朽ちた貝殻と打ち上げられた海の草。
少し暖かくなった気のする冬の海でした。

    松島方面  080222029

平成20年お年玉付きハガキの当選

      切手シートimg223


お年玉付き年賀状の当選発表はすでに終わって、そろそろ年賀状も片付けなくてはと、「当り」を探してみたのですが・・・・(* ̄▽ ̄*)
な なんと・・・・・

あんなにたくさん、(300枚くらいですけど)来てるのに、当りはたった3枚だけ・・・・(┯_┯) ウルルルルル 

ウソォ~?

それも、4等の切手シートだけ


(* ̄▽ ̄*)


(;¬_¬) クヤシイ・・・・


(w_-; なんでそんなに少ないの・・・・


たった3枚の切手シートですが、無駄にはできませんので取替えに行ってきました。


(^◇^;)σ 可愛いねずみの絵柄に免じて許してあげよう・・・・なんちゃってね!


            お年玉当選番号img224


まだ調べてない方、もしや1等があたっているかもしれませんからチェックしてみてくださいね d(^_^o)

塩釜港で見つけた風景

碇9258

土曜日に用事があって、塩釜魚市場に行ってきました。
お買い物を済ませて海辺に目をやると、白い大きな船が停泊しています。
ちょっと 寄り道してブログネタ探しです (*^^*) フフ

大きくてインパクトのあったこの物体、「いかり」かと思いましたが、どうやら違っていたようです。
ブログ友のfibyさんに教えていただいた情報によりますと・・・・
「港内浚渫作業用のクラブバケットのようですね。港の水深の浅いところでこいつをガバと開いて海底の堆積物をつまみ上げバージ(台船)に載せます。」との事、そう言えばゲームセンターのユーホーキャッチャーにも似ています(⌒▽⌒)
海の中のごみをすくい上げる物だったのですね・・・(* ̄▽ ̄*) なるほど。
(@^^@)ありがとうございました。

船_9261


          船 _9264

照明器具をたくさんつけた船
夜の海で何をおびき寄せるのでしょう
イカ釣り船とも違う感じだし、・・・・・・・・・
だれか教えて~(^O^)/




双子? 9277

この船はぁ・・・・・?
二艘ぴったり寄り添って?それともこんな形の船?

何の作業をしていたのでしょう、分からない事だらけです (* ̄▽ ̄*)



お急ぎ・・・9279


鳩さんに聞いても忙しそうにしているし・・・・・・(* ̄▽ ̄*)

でも、青い空と青い海が見れました、o( ^_^ )o らっきー♪

蔵王雪景色

クリックをしてご覧下さい)
地蔵山より

地蔵山 雲を眼下に 息を整え・・・

樹氷と太陽 

振り返ると、ガスを含んだ大きな太陽を見ているモンスターたちが・・・

樹氷原 9156

フゥ~っと白いガスが天に昇って行くと、柔らかな日差しが樹氷を照らして幻想的な一瞬を作り出す。

樹氷 

真っ白いガスの中から浮かび上がってくるモンスターたち、白い不気味さを感じてしまうのは私だけ?

三宝荒神山_9186

今年も見れました、三宝荒神山。 (-||-)感謝を込めて合掌

再度 樹氷の蔵王でスキー

宮城蔵王方面 9080

三連休の最終日、お天気が良かったのでスキーに行く事になりました。
宮城蔵王に行こうか山形蔵王に行こうかと車中で迷いながら・・・・・
釜房湖に写る蔵王の峰に雲は無く、穏やかなお天気です。

蔵王へ 9089

昨年の感動をもう一度味わえるならやはり、少し遠いけれど山形蔵王かと宮城川崎インターから山形インターまで高速に乗り、蔵王スキー場のリフト券売り場に10時到着でした。

蔵王でスキー 9177


お天気は上々、風も無く穏やかなスキー日和です。
昨年に比べると樹氷モンスターの育ちが少し悪いように感じたのですが、まだこれから大きくなってゆくのでしょう、気候の変化によって様々に表情を変える大自然です。
残念だったのは木々の枝に付く「海老の尻尾」と言われる樹氷が無く、少し拍子抜けした気分ではありましたが、広大な樹氷原に広がる景色は感動的、気分よく滑る事が出来ました。

山頂駅付近より地蔵山を・・・


とりあえず山頂の地蔵山まで行こうと、混んでるゴンドラを一時間も並んで待って山頂駅に。
それまで雲に被われてしまっていた山頂も、私たちの到着と共に晴れ渡り・・・v(*^0^*)vラッキー

地蔵山 山頂より山形方面


頑張って登った地蔵山からの景色です。
やはり、昨年に比べると樹氷のモンスターの姿はすくないようですが、これから出来てゆくのでしょうか。

備えあれば・・・・・

皆さんは「パンデミック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

パンデミックとは・・・・・{世界的な流行病に対する医学用語。ある感染症が世界的に流行することを言う。感染爆発、あるいは汎発流行。}とWikipediaで説明されています。

今、にわかに騒がしくなってきた「鳥インフルエンザ」の人型への変異による、最強ウイルスの新型鳥インフルエンザへの懸念。
すでに世界では死者が220人を超え、インドネシアでは100人を超える人が亡くなっています。

最近ではNHKでも何度も「新型インフルエンザ」の番組を組んで、世界的流行になった時の対策などが放送されています。
世界を震撼させている、あの新型インフルエンザの世界流行が秒読み段階に入った。「爆弾の導火線に火がついた状態。『もしも』ではなく、時間の問題だ。」(NHKスペシャルシリーズより)

今朝の生活ホットモーニングでも「新型インフルエンザ感染爆発の危機、身を守る方策は」などのテーマで現状報告と起こってしまった時の対処などについての事が放送されていました。

お隣の中国ではすでに人から人への感染が報告されて二人の死亡者が出ており、もしも人型に変異した新型鳥インフルエンザが日本に上陸した場合には、日本では64万人が死亡し、経済的にも損害が約20兆円に達すると未曾有の被害が予想されています。

ワクチンはまだ開発されていないし、効くかもしれないという「タミフル・リレンザ」とい薬も十分な量があるわけではないのです。

実は、日本でも最悪のケースを想定して、シュミュレーションがされている。
 《1人のビジネスマン(東京在住)が海外出張先で鳥インフルエンザの「新型」に感染して帰国。だが、感染に気づかず電車で会社に通勤した場合、帰国から10日目には首都圏で22万4000人が感染。京阪神にも飛び火し、2万4000人が感染する》
 国立感染症研究所はこのように、人に免疫がない「新型」がまたたく間に全国へと広がると予測。厚生労働省は国内で1人の発生から2500万人が感染して病院に行き、約2カ月で64万人が死亡すると推計している。


今朝の番組でも言っていました、そのような時がきたら、私たちが一番に気をつけなくてはならないことは、「不要不急な外出を避ける」ということだそうです。もちろん社会活動の制限ということにもなりますから、食事は店屋物を取るなどという甘い考えはだめです。
その為にも、数日間は外出をしなくても良いように、今のうちから缶詰などの食料や日常の生活用品などの準備が大切な事と思います。マスクもお忘れなく。

先日の放送によるとアメリカでは、病院での人工呼吸器の不足に備えて使用できる優先順位意まで話し合われているとか、命に順番がつけられるという事には驚きでしたが、これは必然的な事態、さすがと思いました。
それに比べて日本は・・・・・・

これは「かもしれない・・・」ではなくて、必ずやって来る事態なのです。
「パンデミック」などという言葉がニュースで流される事の無いように願っていますが、備えあれば憂いなし、事態が起きてあわてても十分な備えは準備できません、たぶん。

事態が収束するまでの期間については、様々な見方がありますが、先日の国会答弁の桝添大臣の返答では、確か8週間と言っていたように記憶しています。
せめて一ヶ月分くらい位は持ちこたえられるよう準備したいものです。

この記事を私が書いたのは、離れて暮らしている子供たちへのメッセージのつもりです。
電話で話しても途中で飽きられてしまいそうなので(*^▽^*) ニョホホ

一ヶ月もの食料といったら、お米に調味料に・・・・、チーズなどは高たんぱく食品だから良いかもしれませんね。私も少しずつ準備しておくことにします。
スキムミルクなどもよいかもねぇ・・・・ボソッ
それと生鮮野菜が不足するからサプリメントは必須かもねぇ・・・(* ̄▽ ̄*)

気仙沼港まで

  気仙沼港にて


帰りには地元のお友達の家に寄せていただき、温かいご両親に迎えられてお茶をご馳走になって、帰る時には珍しい生のワカメやメカブなどのお土産までいただいてしまいました。とても嬉しい出会い、心から感謝です。

歌津からの帰路は、少し北に足を延ばして気仙沼港まで行ってみました。
港の駐車場に車を止めると目に入ってきたのは、白とピンクのコントラストが美しい停泊船の風景。

            かもめ 9019

人影の無い港には大きなかもめが、カメラを持った不審な二人連れを見張っていました(^▽^笑)

  氷の水族館 

ここに来た目的はお友達に勧められた「氷の水族館」とやらの見学。
凍った魚を見ても・・・・(* ̄▽ ̄*) と思ったのですが、気温がマイナス20度だという、そこに引かれて入場することにしました。
ふるさとで体感しているのは多分-15度くらいなので、北海道などでニュースで流れるー20度の気温を体験してみようと思ったのでした。(*^∇^*)ニャハハ

{{{{( ̄◇ ̄)}}}} サム~イ シバレル・・・・氷の水族館も変わっていて面白かったけれど、長居は出来ませんでした。

  カー助、あれをご覧・・・    岩井崎 潮吹き岩


陸中海岸国立公園 岩井崎。石灰岩の切り立った岩が海に突起した景勝地。
青く透き通った水の色と、岩と松のコントラストのきれいな海辺の公園でした。

       フカヒレ作り 9062

気仙沼は良質なフカヒレの産地、このように干されて作られるのですね。
フカヒレラーメンは残念ながら食べてきませんでした。
だって、宿の朝食をしっかり頂いて来たものだから、 ゝ(* ̄◇)=3オナカイッパイ~ だったんでーす。
  ε= o(´~`;)o タベスギー


海からの日の出 (歌津)

朝6時に宿をそっと抜けだして日の出が良く見えそうな撮影スポットを探す。
朝の5時頃には雪がふわふわと舞っていたので、お日様を見るのは無理かしらと半分諦め気分でしたが、雲はあるものの東の海が明るい(*^0^*)v
何とか見つけた場所でお日様のお出ましを待つことに・・・・

    日の出前_8907


早朝6時半、予想してたほどの寒さでなかったけれど、やはり2月の海は寒い。
刻一刻と空と海と辺りの景色が変わってゆくのを楽しみながら、一点を見つめ続ける。
水平線には雲のバリケードが張り巡らされているけれどそれもアクセント、何も無いのだけが良いわけでは無い。

    日の出 _8939   日の出8958   日の出8962


強い光が雲の間から漏れだして、近くの雲を赤く染めてゆく。
神々しい光景。
太陽は神様なのだと思う
写真の出来なんてどうでも良いこと
この瞬間の感動を味わえたことこそが、カメラを手にしている理由なのかもしれない。

    日の出8986

それでも、とびっきりの感動を求めてシャッターを押す。
朝一番の光を浴びて、気持ちのよい一日が始まりました。

民宿「高倉荘」で

    海辺の民宿 駐車場からの風景 


夫の古くからの友人二人のお招きで、こちらの民宿「高倉荘」に集合して交友を温めようとの計画。
私はおまけで海とご馳走を楽しみに同行させていただきました。
さすが地元が歌津という○○さんのお勧めの宿だけあって、お料理は絶品、それだけでも食べきれないのにさらに、クロソイのお造りと大きなアワビのお刺身2個が乗った盛皿も・・・・
アワビの肝、初めていただきましたが、(..)(^^)(^。^)(*^o^)(^O^)オイシーーーー!!!
やはり、この私でも全部は食べ切れませんでした<(_ _)>

友人のお二人ですがまだ三十代の若さ、お話も楽しくて趣味の話や昔の思い出話に時間を忘れて盛り上がり、とても楽しいひと時でした。さらに珍しいお酒や焼酎なども持参して下さり、
ついつい・・U(^^ ) ⊂(¬^*) ゴクゴクゥ・・・
お料理も本当に美味しかったです、お刺身はもちろんのこと、お魚の煮つけや宿の名物料理の「どんこ汁」も絶品の美味しさ、さすがご主人が猟師さんのお宿は違うと思いました。
又太ってしまったかモ~・・・・(‐^▽^‐) オーホッホ

こんなに美味しいものが出て、このお値段。今度は家族やお友達と是非来てみたいと思いました・・ヾ(*^。^*)ノ

   夕食 8888

少し食べ始めてからの写真です、欠けているものも・・・・(*^∇^*)ニャハハ 食べちゃいました。

夕食後はさらにお部屋で二次会が用意されていて、そちらでも□Dヽ(^○^)イタダキマース!
笑って、呑んで、しばらく楽しい時を過ごして解散。

海の見える宿、当然朝日の写真も写さねば・・・・と
朝5時半に目覚ましをセットして・・・(= ̄  ̄=) Zzzz・・・ZZZzzzzzz(u_u=)クゥゥゥ。o◯zzzzzzZZZ・・・

南三陸、海、海、海

2月1日 南三陸、歌津崎「民宿 高倉荘」へ
          石巻 サンファン館からの海 

          (画像はクリックして見てね)

以前からの予定通りこの日、夫の友人の招きで南三陸の歌津崎へ出かけて行きました。
南三陸の海は、昨年に女川港までは海を見に行ったことがあったのですが、その先に行くのは初めての事。

観光しながらの気ままドライブ、最初に立ち寄ったのが、石巻の「宮城県慶長使節船ミュージアム」(愛称:サン・ファン館)ここは、今から約400年前ヨーロッパに渡った仙台藩士支倉常長ら、慶長使節を乗せて太平洋を往復した木造帆船「サン・ファン・バウティスタ」の復元船が展示されていました。

          サン・ファン・バウティスタ号

小さな船での航海にはたくさんの危険があったんだろうなぁ・・・(* ̄▽ ̄*)
昔の勇者たちに敬意を表し、きらめく大きな海と、美しい木造の帆船にロマンを感じつつも
入館はせずに船の写真だけを写してこちらを後にしました。

          南三陸 風景

石巻からは女川町を経由して「398号」を・・・・
くねくねと走る海辺の国道からは小さな漁港や海水浴場などの標識があちこちに見えて、美しい海の風景も見え隠れしていました。

          南三陸_

気になる風景は車を止めてカメラに収めて・・・・・・
この日の気温はマイナス一度、とても寒い日でしたが、張り詰めた寒さゆえに海の青さが冴えていたのかもしれません。

     神割崎 8860


南三陸の景勝地「神割崎」、時折大きな波がしぶきを上げて押し寄せるのですが、 潮が引いている時で、岩海苔が石にこびりついているのが見え、私はこちらがとても気になりました(*^▽^*) ニョホホ
早速、岩海苔摘みも少し体験・・・・・・(^▽^笑)

          歌津岬 8875

昼12時前に家を出て、夕方5時過ぎ空が茜色に染まる頃に歌津崎の半島が見えてきました。
今夜の宿までもう少しです d(^_^o)

  (つづく・・・)
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。