スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸隠神社奥社に参拝

10月23日 戸隠神社 奥社参拝
    1戸隠神社

日曜日に娘と一緒に戸隠神社奥社に参拝に行って来ました。
と言うか戸隠のお蕎麦を食べに行ったついでに参拝してきたと言った方が良いかも・・・(^-^ )

数年前に、家族で行って食べた時の感動的な美味しいお蕎麦の記憶をたどり、もう一度同じお店を見つけて食べてきました。
やはり、美味しかった。 さすがにお蕎麦の本場と、満足で神社参拝して来ました。

zuijinmon.jpg

戸隠神社はパワースポットとしてとても人気があるとのこと、若い人たちの姿が目に付きました。

    神社の参道

大きな杉の並木が荘厳さをかもしだしています。身の引き締まるような雰囲気。

   戸隠神社奥社

歩き始めて30分ほどで目的の奥社に着きました。そのころから雨が・・・・
時間的にもお天気のせいもあってか、驚くほどの混みようではありませんでしたが、それでもひっきりなしに人々が参拝に訪れていました。

私も・・・(-人-;)

これからもたくさん歩けるようにと、草履のついた足腰健康のお守りを記念に買ってきました。

スポンサーサイト

秋の嬬恋で

10月13日から群馬県に・・・
嬬恋高原

13日から約2週間の予定で嬬恋の家に来ています。来るべき冬の準備です (^-^ )

    DSC_4879 ゴミシ

収穫の秋、今年もゴミシの実を採って果実酒を作ります。
秋の野山を歩くのも楽しい・・・・

ナツハゼの実

そして、ナツハゼの実でもジャムを作ります。
今年は肥料を根元にたくさんあげたので、この木はたわわに実をつけてくれました。
この作業も又忙しいけど楽しい・・・(⌒◇⌒;)

    たまだれの滝

17日
久しぶりに鹿沢休暇村の上にある「たまだれの滝」を見に行って来ました。
今回は三脚を持参してぶれないように気を付けて撮影

落葉の中に静かに流れ落ちる糸のような滝、素敵でした。

チャツボミゴケ

18日
かねてから行ってみたいと思いながら、なかなか行くことができなかった六合村(クニムラ)の「チャツボミゴケ」を見に妹を誘って行って来ました。

温泉の温かな流れの中のチャツボミゴケ不思議な感じの場所でした。
辺りは紅葉真っ盛り、真っ赤なモミジやカエデの中に白い流れのコントラストがきれいでした。



雲海

19日
この秋、上高地まで行ってみようと妹と話していたのですが、時間の問題で変更、もう少し近くの白馬からリフトでのお手軽登山、八方池までのトレッキングに変更して行って来ました。

家を5時に出発して、白馬のゴンドラ乗り場の駐車場には7時に到着。約100キロほどの道のり。
ゴンドラが営業を始めるのは8時からなので、それまで朝食をとったり、お出かけの準備をして、8時のゴンドラに乗る事ができました。雲海の中に見える山々、浅間山も見えていました。

料金は往復で2600円。でも、ジャフのカード提示で一割引きに・・・o(*^0^*)oラッキー


八方池までトレッキング

白馬八方尾根自然研究路~八方池まで約一時間半ほどのコース。
山歩きに不慣れな妹でも、らくらく歩けるコースです。

妹と登山

狙い通りこの日は最高のお天気に恵まれ、風もなく山の景色を雲にさえぎられることもなく、最高の一日でした。
以前に八方池まで歩いたのは、たぶん10年以上前の事、やはり秋でしたが、そのときより温かくて良い条件で、一緒に行った妹も感動しまくりでした。

北アルプスの山々の景色を堪能して、早めの下山をしてから白馬の温泉に入って帰りました。
家から2時間ほどでこのような素晴らしい所があるのですから、今度は家族で行ってみたいと思います。

古谷渓谷 乙女の滝

21日
またまた信州です。私用があって長野県佐久穂町までいって来ました。
用事が終わって、せっかくなので近くの観光をと、「古谷渓谷 乙女の滝」を見てきました。

乙女の滝は国道299号線、群馬県へと通じる「十石峠」の途中にある滝です。

山の上には霧が立ち込めて、人っ子一人いない淋しい渓谷道を、5分ほどですが歩くと、二股に分かれて流れ落ちる滝がありました。
きれいな清流と木々の紅葉がなんとも良い感じの所でした。

一人で口笛を吹いたり、大きな声で歌ったり・・・・くまさん~~♪(*´○`)o¶~~♪ 来ないで~
緊張の滝めぐりでした。

  otomenotaki.jpg

リフトに乗って登山

10月9日 網張りスキー場から登山
大地獄から岩手山

やはり9日の方がお天気が良かったみたい・・・
栗駒登山の翌日は網張りスキー場からリフトを使って登り、岩手山縦走路を歩くこととしました。こちらも初めてのコース。
岩手山まで歩く人もあるようですが、私たちは事情も良く分からないので、行けるところまで歩いてみる事にしました。
今年の冬にスキーに来た時には、辺りが見えないほどの吹雪とガスだったので、今度は山の全容を見渡す事ができました。

リフトに乗って・・・  DSC_4421 大松倉山と三石山

リフト券を購入する際に、係の方がどこまで行きますかと、目的地を聞かれました。山の名前もわからなかったので、歩行時間の予定を言ったら、景色が良いから黒倉山辺りまで行ったら良いでしょうと、親切に教えていただきました。(⌒_⌒)

往復1300円のリフト券には、網張り温泉の100円の割引券と女性には「第二日曜日山ガール無料サービス券」が付いていました。o(*^0^*)oラッキー

40分ほどかけて3本のリフトを乗り継ぎ山頂に着くと、山は朝露に輝き、眼下の平野は雲海の中、さっそく目の前にそびえる犬倉山に登ってみることにしました。
9月末に登った三ツ石山が、紅葉の大松倉山の向こうにくっきりと見えます。こちらのコースもあるようですが、今回は黒倉山を目指す事にします。日蔭の木道には真っ白い霜が降りていました。寒いわけです。



犬倉山(背後に姥倉山)  DSC_4436 目指す黒倉山

犬倉山からの展望を楽しんだあと姥倉山分岐まで、約一時間ほど歩くと姥倉山から黒倉山へと続く尾根が見えてきます。この尾根からは八幡平の山々が見えて、こちらも雲海がゆったりと岩手山のすそ野を覆い尽くしていました。
ロープの張られた岩場からは所々から蒸気が噴き出していて、なだらかな尾根でもやはり火山なのだと知らされます。


蒸気噴き出す黒倉山  黒倉山より岩手山

黒倉山の山頂は、切り立った断崖から蒸気のようなガスがあちこちから噴出していて、目の前の岩手山やふもとの紅葉を写そうにも、ガスでかすんでしまいます。不思議な光景。
ガスが噴き出している周りの岩はとても温かくて、冷えた汗の背中を押しあてると温かくて気持ち良い~~
温かい大きな岩の上で、少し早目の昼食をとり、眼下に見えるきれいな紅葉の大地獄まで行ってみることにしました。

大地獄分岐  裏岩手山縦走路

大黒山山頂から一時間弱で大地獄分岐まで下り、今までいた黒倉山を見上げるのは不思議な感じ。今までと全く違った景色を楽しみました。
この先にお花畑に通じる道があるのですが、今回はここまでで引き返しです。

青空をバックに、岩手山とそこに連なる険しい山々が雄々しく立ちはだかっていました。
岩手山までの道のりは・・・遠い(⌒_⌒;)

水場  カモシカが・・・

姥倉山分岐近くまで戻って休んでいると、山ガールたちの騒がしい声に目をやると、カモシカが居ました。
笹の中を歩いていたカモシカ、立ち止まってじっとこちらを見ていましたが、いつのまりやらどこかに消えていました。

帰りに水場に寄ってみました。
冷たくて美味しいお水が出ていましたが、その下に立派な銀のヒシャクが用意されていました。
空っぽのペットボトルに、コーヒー用にお水を汲んできてみました。(*^O^)ノ□ 

網張展望台より犬倉山の紅葉

穏やかなお天気の良い休日、リフトで登ってのらくちん登山。
紅葉もきれいでしたし、変化に富んだ良いコースでした。
下山してから、いつもの網張り温泉。二日続けての硫黄のにごり湯温泉、贅沢な紅葉登山の休日でした。

紅葉の栗駒山登山

10月8日 栗駒山登山

DSC_4335-1.jpg

4年ぶりの栗駒登山に行って来ました。
3連休のどこで行くか迷いましたが、晴れマークの天気予報を信じて初日決行。

とにかく混むからと5時15分に花巻を出て、栗駒駐車場には7時少し前に到着、駐車場はセーフでした。(o^ー^)o

今年初めての紅葉にウキウキしながら、硫黄の温泉臭漂う登山口から早朝の栗駒山を目指してスタート!

栗駒山頂     DSC_4173 紅葉の栗駒山

山頂に着くまでは晴れたり、曇ったり、おまけに雨が降ってきたりの不安定なお天気。
昭和湖を過ぎグチャグチャの登山道を登り、一息つける天狗平からは雨に降られ、濃霧の中を山頂に。
やれやれ・・・(⌒_⌒;)

なんと・・それが山頂に着く頃から空が明るくなって、そのうち日差しが辺りを照らし始めたでは・・・o(^o^)o ラッキー
9:40分山頂に到着。お天気が回復するまでゆっくりと山頂からの景色を楽しむことができました。

DSC_4219-3.jpg  DSC_4257 竜泉が原

竜泉が原を見渡せる場所は、相変わらずすごい風が吹いています。
身体を飛ばされそうな勢いですが、ここの景色が好きなので寒さに耐えて写真を撮って来ました。でも霞がかかっていて写真はいまいちでした・・・(T_T)

栗駒の紅葉      須川温泉 足湯風景

夕方になるほどに青空が広がり、色づいた楓やななかまどなどの紅葉が輝きをまし、美しい山々の景色をみせてくれました。
・・・・o(;△;)o写真を撮るためには 翌日にすればよかったかしら・・・と、ちょっと後悔しながら下山。

今年の紅葉は以前に比べて、少し色がきれいでないようにも感じましたが、ちょうど紅葉見ごろの栗駒高原、山にも温泉周辺にもたくさんの人で込み合っていました。
源泉から流れている温泉の川にも、たくさんの足湯を楽しみ人たちがいましたが、私たちが寄った栗駒山荘「仙人の湯」もすごい混みようでした。

混んでいても、山歩きの後の温泉、たまらなく良いです・・・(* ̄∇ ̄*)

畚岳登山

9月25日 畚岳登山
駐車場から畚岳  少しだけ紅葉の畚岳

茶臼岳登山口から車でアスピーテラインをさらに登り、八幡平駐車場を経由して籐七温泉方面に少し下ると、畚岳登山口がありました。ここには車は5、6台しか止められず、少し下った所にある駐車スペースに車を止めることにしました。
12:10分、お天気も良いし、他にも登山者がいるし、余裕の再登山に出発です。
初めての山は気を使うんです。特に熊・・・

山頂より森吉山  もっこ岳山頂より秋田方面

写真を撮りながらののんびり歩きでも、山頂には12:50分には到着。
予想通りの展望の良さ、360°の視界の良さに感激でした。
この山、先ほど登った茶臼岳と全く同じ高さ、この偶然にもびっくり。


畚岳より茶臼岳を  2011092515490001.jpg

お手軽にこのように展望の良い山に登れるなんて・・・
青い空に描かれた雲の天体ショーを見ながら、の~んびりとおやつなど食べ、しばし山頂を楽しんで山を降りました。

この後、一緒に山頂で休憩していたご夫婦の方に案内していただき、蓬莱境、蓬莱沼を散策。素敵なご夫婦で、一時間ほどの散策でしたが、奥様とは楽しくおしゃべりしながら歩くことができました。感謝です。


籐七温泉   2011092516480000.jpg

そのあと、念願の籐七温泉、彩雲荘で入浴して、黒卵を買って帰りました。
野趣あふれる景観の良いにごり湯の露天風呂、最高でした。
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。