スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼石岳登山

6月24日 焼石岳登山
ハクサンイチゲのお花畑

岩手県の登山ガイド本を見ていて、どうしても行ってみたかった焼石岳に行くことができました。

ガイド本によると、歩行時間5時間45分。距離12キロ。高低差865m。これほど歩くのではきっと私にはムリ( ̄△ ̄;)・・・とあきらめていましたが。でも、焼石に行って来たというお友達のきれいだったお花の話を聞いて、行ける所まで行ってみようと出かけてみました。

中沼からぬかるみの登山道シラネアオイ

我が家から約一時間で中沼コース登山口に到着。案外近い山だったのだ。

朝7時半に駐車場に到着したのだが、駐車場はすでに満杯らしく、少し下った空きスペースに5,6台の車が止まっていました。そこに何とか駐車して登山口を出発したのが8時。

8時45分 最初の目的地中沼に到着。晴れていればこの沼に美しい残雪の焼石岳が映るのだということでしたが、あいにく山はめまぐるしく霧に見え隠れして微かに山裾が見えただけ。それでも緑に囲まれた静かな湖を見ることができただけでも嬉しくて、流れる汗を拭きながら次の目的地、銀明水を目指して歩き続けて行きました。

 上沼 リュウキンカ 銀明水

9:20分 上沼着。濃い緑に囲まれた神秘的にさえ見える小さな湖、ミツガシワのお花が印象的な上沼でした。

10:30分 銀明水に到着。冷たくて美味しいお水がコンコンと湧き出していて、山小屋もあるしほっと一息つける中間地点。

水芭蕉も・・ 雪渓を越え ミネザクラ

この時期の山はどこもぬかるみと川のような水の流れとの戦いなのか、靴は泥んこ。
銀明水を過ぎると、いよいよいくつもの雪渓歩き、霧が出たら恐いなーと思いつつ、滑って谷に落ちないよう気を付けて雪道を超え、目的の姥石平へと歩きます。
登って行くに従って季節は逆戻り、水芭蕉やミネザクラ、シラネアオイ、ムシトリスミレなどのお花たちがが元気をくれます。

姥石平 

11:50分 姥石平に到着。

見たかった一面のハクサンイチゲのお花畑。o(*^0^*)oキャッホー ヤッター

少し盛りは過ぎていたようでしたが、それでも大満足。急に降りだした小雨もすぐに降りやんでくれました。

一等三角点 焼石岳山頂 焼石岳から

ここまで来て山頂を踏まねば・・・と言う夫に従い、しぶしぶと霧の中の山頂を目指してさらに登って行き・・・
12:30分 焼石岳山頂に。

急に霧が上がり、周囲の山々が姿を見せてくれました。
何というラッキーなこと。焼石周辺の残雪をまとった美しい緩やかな稜線の山並を見ることができました。これだから山歩きはやめられないな・・・(*^▽^*)ゞ

山頂から

山頂で昼食を食べて13時 下山開始

  ハクサンイチゲ

途中、銀明水でトイレ休憩をしている時にザーザーの雨。少し休んで小降りになったのを見はからって、ひたすら下山。上沼辺りからまたまた雨。

16時 駐車場に無事に戻ってくることができました。(-人-)萬の神に感謝!感謝!

その後、やはり温泉。「焼石クアパーク ひめかゆ」で疲れを癒して帰宅。

7時間12キロ歩き、今回の登山はさすがに筋肉痛になりましたが、少し自信もついたかな・・・(*^▽^*)ゞ
焼石登山をあきらめていたらこの景色を見ることはできませんでしたね。



スポンサーサイト

湯治初体験旅行③

泥火山

最終日の朝も快晴、 o(^-^ )o( ^-^)o るんるん♪


後生掛温泉 湯治村  大湯沼

宿のチェックアウトを済ませて、まずは噴煙をあげている「後生掛の火山現象」を見て帰ろうと遊歩道の散策に・・・

研究路のあちこちから噴き出している不気味な蒸気やガス。自然のワイルドな息吹を感じました。

湯沼泥火山 八幡平駐車場より岩手山
 
40分ほどの散策を終えて、次の目的地八幡平、八幡沼一周のトレッキングに。


  八幡平 残雪   八幡沼 

午前10時の八幡平は観光客もまばらで、沼を一周するコースに人影もなく、少し不安な思いでコースにたくさん残っている雪を踏みしめていました。
何度か訪れてた湖ですが、このような残雪の八幡沼を見るのは初めての事。季節外れの雪景色に感動。
その後も遊歩道歩きは残雪との戦いで、他の小さな湖もまだまだその全容を現すまで時間がかかりそうでした。


雪解けしたばかりの遊歩道

帰り道はアスピーテラインではなく、水芭蕉のお花が咲いていたり、美しく新緑輝く樹海ラインを下りました。
大自然を満喫した三日間が終わり、友達は無事に仙台行きのバスに乗る事ができました。

今回、2泊して、諸費用を合計しても一万円でたくさんお釣りが・・・・
お金をかけないで楽しめたらそれが最高!
湯治、今までは年よりくさいイメージだったけれど、これを機にもっと研究して楽しく旅ができたら良いかもね!
又機会を見つけて色々な湯治宿をめぐってみたいと思いました。

楽しく過ごした後生掛温泉湯治旅は無事完結 ""ハ(^∇^*)パチパチ♪


 

湯治初体験旅行②

焼山登山
火口湖

湯治二日目の空は快晴の朝。こんな日は山に行かねば・・・と言うことでもう一泊延長

後生掛温泉  ブナ林の登山道

寝不足のぼんやり頭でダラダラ朝食を済ませ、宿の「登山道入り口」を踏み出したのは午前9時。
裏手の山の途中にある神社に軽く手を合わせて、人気のない登山道を上がると後生掛温泉が良く見えました。
所々に水芭蕉の白さの残る春に近い高原、新緑のブナ林が清々しい・・

  残雪の登山道     ツバメオモト

途中からの登山道には残雪がたくさん残っていて、下を流れる雪解けの小川に足をとられながら、散々な登り坂。
心が折れそうな辛さを勇気づけてくれるのは、いつも可憐なお花たち

毛せん峠  焼山避難小屋が見えます

曇り空だったらきっと途中で挫折していたかもしれない初めての道を、か弱い女二人連れの登山。(*^▽^*)ゞ

かすかに雪に残る新しい足跡に期待しながらようやくたどり着いた毛せん峠、午前11時。前を行く二人連れの登山者を見つけた時は心からホッと安心しました。

そしてそこに広がっていた最高の景色、今までの辛さは一瞬に忘れてしまいました。


   イソツツジ群生    お花畑の登山道

焼山が活火山だということも知らずに登ってきて・・・(*^▽^*)ゞ雄大な景色の中に今盛りなりと咲き誇るイワカガミや咲き始めたイソツツジの群生地の中を、空中散歩。
とても気持ちよく散策することがで、素晴らしい所でした。


イワカガミ群生  名残峠

12時、名残り峠到着。ここまで4.7キロ。
売店で買ってきたおにぎりなどで昼食を済ませ・・・・この先玉川温泉に下ろうか、それとも今来た道を戻ろうかと迷いましたが、玉川温泉に入ってみたいのと、今来た残雪の登山道をぐしゃぐしゃになりながら帰る不安とで先に進むことに決定。
玉川温泉まで3キロという来た道より短い距離にも心惹かれて下る事に決定。


玉川温泉  岩盤良くする人たち

疲れた足に3キロは登ってきた道より長く感じつつも、午後2時半に玉川温泉に到着。途中、山菜のコシアブラやタケノコ採集、少量ですがしっかりと晩のおかずを確保するところなどは、さすがは主婦ですね~(o⌒∇⌒o)

日本一の強酸性風呂、ガンに効くと言われ全国から温泉を求めてたくさんの人たちが集まってくるという玉川温泉。この冬には痛ましい雪崩事故もありましたが、この日は静かな時間が流れていました。
 
汗だくの身体を大浴場という温泉施設で入浴してきたのですが、さすがに強酸性のお風呂はビリビリと身体を刺すような刺激がありました。なんだか効きそう・・・・【~~~(´▽`A)~~~】 イイユダナ~♪

3:40分のバスに乗って後生掛け温泉に帰り、もう一度温泉に入り、飲んで食べて・・・さすがにその晩はゆっくりと眠る事ができました。 (= ̄  ̄=) Zzzz・・・

湯治初体験旅行①

後生掛温泉 湯治部利用の山歩き
茶臼岳から 

かねてよりのお約束で、仙台に住むお友達と八幡平に旅行して来ました。
梅雨迫る花巻のお天気は曇天、雨に合わなければ良しとしようと出発した旅でしたが、八幡平に近づくにつれ青空ののぞくラッキーな日に。

まずはお手頃な所で茶臼岳に登ってきました。


岩手山  コミヤマカタバミ

今だたくさんの残雪からの雪解け水で、登山道のあちらこちらで小川状態でしたが、可憐に咲く高山植物や時々目につく根曲がり竹に心奪われ・・・ヾ(▽^  )ゞ    楽しく登山をして来ました。

温泉噴出口  温泉卵作り

今回のお宿は初体験の湯治宿。私たちも家からおにぎりや佃煮、お漬物、等々多少は持参して来ましたが、温泉卵ができる場所があると言うので生卵も持参。
藤七温泉から少し下ったところに「太古の息吹」という温泉噴出口を発見。すごい勢いでボコボコと熱湯が湧き出している所がありました。私たちは温泉に玉子と少しだけ採ってきた根曲がり竹、産直で買ってきたアスパラガスを茹で、そばの川で水にさらして晩の食材作り完了


大沼散策  オンドル個室から

山を下りてからは霧に包まれてしまった岩手県側でしたが、山頂を超えて秋田県側に下ってくると嬉しい青空が・・・
旅館に入るには少し早かったので大沼を一周散策して来ました。
レンゲつつじとコバイケイソウが咲いたらお見事な景色だったに違いないと、後ろ髪を惹かれつつも今宵の宿に到着。
初めての湯治、オンドル部屋での一夜です。温泉三昧のはずでしたが、夜は一度入ったきりであとは酒盛りもお喋り三昧で夜も更けてしまいました。("⌒∇⌒") キャハハ

私たちが泊まったのは個室部屋。四畳半ほどの小さなお部屋でしたが二人で泊まるには十分な広さ。
温か過ぎて眠れないのではと心配でしたが、レンタルしたお布団を敷いても床の暑さはふかふかと伝わり、やはり寝不足な朝を迎えることになりました。(;^_^A アセアセ

ちょっとしたアクシデントも。
食べきれなかった食材は窓の外に釘が打ちつけてあるので、そこに吊るしておくと良いと、とあるブログで読んでいったので、何と良い方法とさっそく試したのですが、朝になって朝食しようとビニール袋を持ち上げてみると・・・何と、ビリビリに破れて中に入れていたサンマの佃煮のタッパーが落ちているではありませんか。

どうやら小動物が来て持ち去って行ったようで、軽くて小さなタッパーは無くなっていましたが、下に落ちていたサンマのタッパーには小さな牙のあとが残っていました。いったい何物だったのか・・・・( ̄0 ̄)

予想に反して翌朝も快晴の良いお天気。
せっかくなのでもう一泊することに決め、二日目は焼山登山をすることになりました。

チャグチャグ馬コ祭り

美しく着飾って・・・

6月9日土曜日、滝沢村のチャグチャグ馬コ祭りが開催されました。

昨年は見逃してしまったので、今年こそはと頑張って出てきてようやく見ることができました。

お馬の親子  滝沢村 チャグチャグ馬コ祭り

四方八方からきれいに着飾ったお馬さんの一行が集まってくる中、遠い所からはトラックで蒼前神社まで集まってきます。

春は出産の季節、たくさんの親子連れのお馬さんたちが居ました。お乳をおねだりしている仔馬 かわいいかったです~ ヾ(▽^  )


神社で何やら神事が行われたあと、撮影スポットの田園風景の中を90頭のチャグチャグ馬コの行列が行進して来ます、なんとも郷愁のある風景、鈴の音はチャグチャグと響いていたのでしょうか。カメラに夢中で音までは意識の外でしたが。(⌒_⌒;)

こうして盛岡まで15キロもの行程を歩いて行くのですから、手綱を持っている人も、馬に乗っているお子さんも大変と思いますが、珍しい迫力のあるお祭りと思いました。

美しく飾られた馬や可愛らしい馬上の子供たち、素晴らしお祭りでした。いつまでも続いて欲しいものです。


チャグチャグ馬コ  90頭の馬たちが・・・

いわてディスティネーションキャンペーンでデゴイチ走る

DSC_0106-1.jpg

6月2~17日の土、日曜計6日間、県内の東北線と釜石線で蒸気機関車(SL)D51を運行

日曜日、運動不足解消にと歩いていた胡四王山で、たまたまSLの通る時間と遭遇しました。

DSC_0110-1.jpg

哀愁のある汽笛の音に心躍らせ、ついつい沿線にカメラを構えてしまいました。

     DSC_0115-2.jpg

SL撮影はいつも失敗ばかりで、なかなか思うようには撮れなかったので、今回も期待しないでいましたが・・・


DSC_0125-1.jpg

(*^▽^*)ゞ う~ん 今回は少しましに撮れたかも・・・と自己満足

タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。