スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩手山5合目登山

岩手山5合目まで登山
岩手山登山

お天気も良かったので何処かの山に行こうと、最初の目的地は鞍掛山へ向かって家を出たのでした。
2年前に登ったことのある山でしたし、状況もわかっているし気楽に考えてしまってか、まず高速の降り口を間違えて乗り越し、戻って、278号線鞍掛け山方面への分岐を間違え・・・・岩手山柳沢(馬返し)登山口に着いてしまいました。
駐車場には車がいっぱい・・・戻るのも癪に障るしと、行けるところまで登ってみようと急きょ目的地変更して10:20分岩手山に向けて登山開始。

4合目から5合目へ登るルート4合目標識お花がいっぱい


最初はブナの樹林帯の中、長い一合目までの登山道を気持ちよく歩いていたのですが、次第に道も急坂になり険しくなってゆきました。
一合目まで一時間。その先2合目、3合目と高度をあげてゆき、昼食をとった3合目を過ぎると樹林帯から抜け出し岩と小石の足場の悪い急な上り坂に。
一週間前に足慣らしをしたとはいえ、ハードです。そんな厳しい状況でも気持ちを癒してくれるのは登山道わきに咲き乱れる花々、3合目を過ぎた所からミネザクラもきれいに咲いていて、今年も山の桜に逢えた嬉しさに力をもらいます。

4合目標識5合目標識帰りは怖い

13時ころに4合目脇を通過、もう引き返したかったけれど夫が5合目まで頑張ろうと言うので、疲れた身体に鞭打って5合目に13:30到着。
良く登りました。自分を褒めてしばし休憩。
この地点で約1400m。最初の予定だった眼下に見える鞍掛山の標高が897mですから予定外に500mも登ったわけで、疲れるわけです。
山は下山のほうが危険が潜んでいるもの、今来たゴロゴロの登山道、気を引き締めて降りてゆきました。

5合目から鞍掛山

上から下りて来た方の情報によると、この先には雪もたくさんあってひどいと言っていました。軟弱ハイカーの我々には5合目が限界、山頂を目指すのには朝7時には出発しないとむりのようです。

シラネアオイの群生もシラネアオイ遭難者救助

帰りはお花の写真などを撮りながらのんびりと下りてきました。
16:00登山口に着くと警察官の方々がお出迎え・・・ちょっとビックリでしたが、どうやら山で怪我をした女性がいるとか。
その後救急車、レスキュウ車と物々しく集まり、山からはヘリコプターの音も聞こえてきました。
ここに搬送されるのだと思い、しばらく山の上のヘリを見ていましたが、どうやら病院に直接搬送されたようで、野次馬は馬返しを「お山の温泉」にと帰って行きました。
お怪我された方は雪渓を100mも滑り落ちて足を骨折されたとか、やはり下山途中の事故のようで、お気の毒なことでした。気を付けなくては身につまされた出来事でした。

登山口の標高が650m。5合目が約1400mですから、標高差750m。良く歩きました。



スポンサーサイト

羽山登山

5月18日の事 羽山登山
登山道入り口道標所々に残雪が

今シーズン初めての山歩き

長いこと山を歩いていないので、まずは手始めにと近くの里山歩きに行って来ました。
羽山・・・「岩手の山」の本には紹介がありますが、初めての山。様子がわかりません。

登山口を探し当て出発。この時期の山にありがちな、雪解けのグチャグチャ登山道を覚悟してゆきましたが、なんと、予想に反してぬかるみなど無い、とても歩きやすい登山道で安心しました。
ただ、急な坂道続き・・・筋肉の落ちた足にはかなり辛い登りでしたがこれは仕方ないかな(⌒_⌒)

花巻方面シラネアオイキバナイカリソウ

途中から時折眼下の景色がひらけた場所があり、田植えで忙しい田園風景が広がります。
イワウチワの咲いている時期に来たらきっと大感激だったと思いますが、中腹から山頂付近までお花の終わったイワウチワが群生していて、それが少し残念無念でした。
でも、シラネアオイや他のお花もちらほらと咲いていたので、良しとしましょう。

山頂の祠山頂のプレート山頂からの景色

ゆっくりと休みながら登って1時間20分ほどで山頂に到着。
海抜599.9mという微妙な高さ。それにこのプレートが木のとても高い所に設置してあったのは、やはりこの辺りは豪雪地帯だからなのかなと勝手に理解して納得してみました。("⌒∇⌒")

冷たい風が心地よい山頂。やはり山はいいなぁ~と、久しぶりの感激です。
ちょうどお昼時間。背負ってきたおにぎりの昼食をとり、又のんびりと来た道を下山して行きました。

湧水

最近はウォーキングもさぼり気味・・・しばらくぶりの登山は疲れました。
下山して麓で迎えてくれたのは、豊富に流れている湧水・・・・とても美味しくいただきました。

秋田花めぐり


5月11~12日 秋田
八郎潟

先週群馬から帰って、今週は秋田の実家へ
いつものように父と息子の酒宴を整えて、私は家の近くの散策に出かける
土曜日は午後からあいにくの雨模様。田植え作業の始まった八郎潟に行ってみました

八郎潟農作業

今年は寒さのせいで田植えも遅れている模様、稲を植えるのはこれからのようでした。
雨降る中での農作業、御苦労さまです。


八郎潟 菜の花ロード

翌朝、朝食前に八郎潟の菜の花ロードを見に行って来ました。
昨年は見そこなってしまったので、今年、桜の時期は終わってしまいましたが、何処までも続く菜の花は見ることができました。
ずーっと走ってみたかったけれど、早々に切り上げて・・・・・

ブルーメッセあきた

いつも寄る産直道の駅「ブルーメッセあきた」。満開のチューリップがきれいでした。
でも、何年も秋田に通っているけどこのチューリップを見たのは初めて、知らないことばかりの秋田です。

しだれ桜の角館

早めの昼食を済ませ、開花の遅れで見ることができるかもと角館経由で帰路に。
久しぶりで見た角館の桜。昔はもっとたくさん花を付けていたと記憶しているのですが、時期的なものかちょっと拍子抜けの感。人出は昔に比べてとても多くなっていました。


角館 桧木内川堤の桜

桧木内川堤の桜も・・・たしか子供がよちよち歩きだった頃に来て以来、うん十年ぶりでした。
ゆっくり散策してみたかったけれどそうもしていられないので、そうそうに引き揚げて岩手県に向け出発。

刺し巻き湿原 水芭蕉

46号線秋田海道の沿線にある刺し巻湿原、さすがに水芭蕉は遅いだろうと思っていましたが、やはり・・・・

刺し巻き湿原のカタクリ

夕日に照らされた水芭蕉の、柔らかな黄緑色の森を歩くのも気持ちの良いもの。前回来た時は少し早すぎて雪が行く手を阻んで森の奥までは行けませんでしたが、今回は雪もなく春の花々が咲いていて、水芭蕉群落には出会えませんでしたが、ミツバオウレンなどの花々のほかに、カタクリの群落に出会うことができました。
ここのところの不順な天候で花びらは少々痛んでいましたが、一面満開のカタクリはお見事でした。


春の景色

5月6日に花巻に戻ってきました
タンポポの春

今年の桜の開花は予想以上に遅くなってしまったようで、ゴールデンウイークが終わってもまだ桜の花が枝に残っていました。
ラッキーな春です。

北上から

お天気が良かった9日、一人で春を見に当てもなく北上方面にドライブして来ました。

この季節のこんな風景が好きなんだなぁ~

田植え作業も始まって・・

花々が咲き乱れ、眠っていた田んぼに水が張られると、あたりは急に生き生きと活気づいてくる。

待ちに待った春の情景・・・いいな o(*^ー^*)oウキウキ


タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。