スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 夏のこと 

8月14日 千葉に住む息子夫婦が花巻にやってきました。
賢治の童話館

午前10:51分に新花巻駅に降りたった息子たち。
花巻の観光スタートは宮沢賢治の童話館から・・・

続きを読む

スポンサーサイト

早池峰山登山 

8月4日 早池峰山登山
小田越から早池峰

ようやく梅雨が明けたので、早池峰山に登ってきました。

朝8時、岳の駐車場からのシャトルバスに乗って、8時30分、小田越コースから登山開始。
樹林帯を抜けると見慣れた早池峰山の蛇紋岩の岩山が迎えてくれました。

takanenadesiko.jpg ナガバキタアザミ ホソバツメクサDSCN1905

ハヤチネウスユキソウはすでに最盛期を過ぎていましたが、変わってたくさん咲いていたのはミヤマナデシコの鮮やかなピンク色のお花とその他様々なお花たち。やはり花の早池峰山と感心しながら、久しぶりの山を楽しく登ります。

   ハヤチネウスユキソウ

それでもまだハヤチネウスユキソウは所々にきれいに咲いていたりして、又会えて嬉しかったお花。


御田植場方面

ゆっくり歩いてようやく山頂小屋が・・・ホッとする瞬間です。
山頂付近にはコバイケイソウやミヤマシオガマやアオヤギソウなど色とりどりのお花畑が咲いていました。

ミヤマアケボノソウ

今回、この紫色の変わったお花、ミヤマアケボノソウを見たいと思いながらの登山でしたから、見つけた時はとても嬉しかったです。
たくさん咲いていました。誰かが言っていましたが、ハヤチネウスユキソウが早池峰山のプリンセスならミヤマアケボノソウはプリンスだと・・・・(* ̄∇ ̄*) う~ん そんな感じかも、同感!




山頂ハクサンシャジンkobaikeisou.jpg

約3時間で山頂に到着。時折霧が流れてきて視界が遮られる山頂、じっとしていると肌寒い。

この日は北上市の花火大会、帰ってから見に行く予定だったので、昼食をとってすぐに下山開始。12時でした。

かねてよりできれば川原の坊登山コースを登ってみたかったのですが、足に自信がなくてこの日も小田越コースからの登山でした。

ならば、川原の坊から下山してみようと、お花がたくさんあるという川原の坊コースを下山開始。
こちらは急なので下山にはお勧めできないと言われてきたのでしたが・・・・・


川原の坊  千丈が岩   打石

たくさんのお花に気を良くして下りはじめたころは良かったのですが、ずっと続く急なゴロゴロの蛇紋岩の下山道・・・

景色が良かったのも良かったのですが・・・・

   川原の坊からの下山 

登ってくる人も次第にいなくなり、後から下りてくる人影も見えず、やはり下るコースでは無かったかと思いながらも、歩かねば家に帰れません。

痛かった右足の膝も怪しい雰囲気でしたが、気を付けて一歩、一歩と足元に気を付けながら歩を進めます。
 
 ナンブトラノウ    水場

しばらく歩いて川沿いの道に出てホッ!

途中の水場でのどをうるおし、塩だらけの顔を洗って歩きはじめるものの、やはり石の道。もう石を越えるのはうんざり・・・
川を何度か横切り、樹林帯の中を歩き、それでも最後まで川原のような石だらけの川原の坊コースでした。


あの山頂から・・・川原の坊登山口

午後3時。
何とか無事に川原の坊登山口に到着。 久しぶりの登山、おまけに寝不足でよくぞ歩ききったと自分を褒めてやりたい気分でした ミ凸ヽ(^_^ )

下山3時間。。。。とにかく疲れました。(;´▽`A`` 疲れた~


東和町まで戻って温泉に入り、午後7からは花火に行くつもりでしたがどうにも無理でした。

ま・・登山できたからそれで満足、満足ですがね。d(^0^)b グッ!


    (-□-).。oOO グゥグゥ


北上市 みちのく芸能まつり、見てきました

8月3日 北上・みちのく芸能まつり
岩崎城跡 鬼剣舞合同大供養

さんさ踊りを見に行った翌日、お隣の北上市の夏祭り、みちのく芸能まつりに行って来ました。

8月の 第一金曜から三日間開催される「北上・みちのく芸能まつり」では、街のあちこちで100を越す民俗芸能が披露 されます

最も人気のある「鬼剣舞」は、いかめしい鬼(仏の化身)の面をつけた踊り手が勇壮に舞うもので、北上地方に 1300年前より伝わると言われる民俗芸能とのこと。


鬼剣舞 岩崎城址公園にて

私たちはまずは岩崎城本丸址で奉納される鬼剣舞を見に・・・やっと梅雨が明けて真夏の太陽の下で勇壮な舞が披露され、初めて見る鬼剣舞に感動でした。


詩歌の森公園の鹿踊り

次は市内、詩歌の森公園で行われる鹿踊りを見に行きました。

鹿踊り

緑の芝生の上での鹿踊り公演、じっくりと見ることができました。

諏訪神社にて奉納公演

次は諏訪神社で行われていた奉納公演、14時からの田植え踊りが見たかったのですが、到着したときにはすでに終わっていて、次の下藤根さんさ踊りを見学。

下藤根さんさ踊り

狭い舞台でしたが、きれいな花笠をかぶった少女の舞が可愛らしかったです。

鬼剣舞 駅西口広場にて

駅前広場で大槌の虎舞が行われていると、ラジオ放送を小耳にはさみ、急いで駅前に行ってみましたがこれも終わったばかり・・・・(T_T)

でも、次の演目、黒岩鬼剣舞をじっくり見ることができました。

駅前広場にて

五色の麺を付けた踊り手が勇壮華麗に踊る「鬼剣舞」。さすが国の重要無形民俗文化財に指定されているだけあって見応えのある舞いに感動、惹かれてゆくものがありました。

面の色は五色。鬼ではなく仏なので面には角はない。
色は陰陽五行説による四季、方位を表すと共に五大明王を表している。
青面:東、春、降三世明王、赤面:夏、南、軍荼利明王、白面:西、秋、大威徳明王、黒面:北、冬、金剛夜叉明王、黄面:カッカタ(道化面)不動明王
踊り手の中心は白面[4]、他の面は「阿(あ)口が開いている」と「吽(うん)口が閉じている」の面をそれぞれつける。(wikipediaより)


お祭り広場 虎舞

いよいよ17:30分から始めるお祭り広場へ。約500mの道路を8つの会場に分け、100団体を超える民俗芸能を鑑賞することが出来るということで、私たちは第8会場辺りに陣取って鑑賞。

神楽の次に行われた演目は県内外からの芸能、駅前で見逃した虎舞を見ることができました。

猫のような可愛らしい目が印象的。

お祭り広場 鹿踊り

腹につけた太鼓を叩きながらの鹿踊り、重厚な雰囲気と太鼓の音の響きが魅力です。

お祭り広場 鬼剣舞

そしてフィナーレを飾る「鬼剣舞大群舞」では、かがり火を灯して200人の踊り手が一斉に「一番庭」と「刀剣舞の狂い」の2演目を披露。
かがり火に浮かぶ鬼剣舞は圧巻でした。

岩手の夏祭りを堪能した二日間でした。

盛岡 「さんさ踊り」に行って来ました。

8月2日 盛岡さんさ踊り
盛岡 さんさ踊り

まだ梅雨も明けていない盛岡でしたが、一万の太鼓と踊りに街中が熱く沸き立つと銘うって「盛岡さんさ踊り」が1日から4日まで開催されていました。
岩手県にきて3年目の夏、初めて足を運んでみることができました。

昨年に盛岡で開催された六根祭で初めて見て、これは行って見なくてはと、混雑を予想して電車で行ってきました。

さんさ踊り

盛岡市中心部のメインストリート中央通りをパレード会場として開放し、「サッコラチョイワヤッセ」という独特のかけ声と共に踊り手が優雅に舞い、太鼓が打ち鳴らされる。踊り手らは中央通り一帯を盛岡市役所前から踊りながら進むというパレード形式のお祭り、勇壮でエネルギッシュな群舞は迫力満点で初めての「さんさ踊り」楽しく見てきました。
私も盛岡に住んでいたら参加して踊ってみたかったな・・・などとちょっと思ったりして・・・(*^▽^*)ゞ




タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。