スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロケットストーブ作りました

長いことブログの更新をさぼってしまいまして、申し訳ありませんでした。
来月でこのブログも10年目、頑張って10周年に繋げねば・・・・・・ (ノ^∇^) とりあえず新しいことから、又ぼつぼつと更新してゆきたいと思います。

6月18日 ロケットストーブ作り

友達に誘っていただいて、オイル缶2個をつなげて作るロケットストーブというのを作ってきました。
材料などは会費3,000円ですべて用意して頂いていたので、作り方の説明を聞いて、周りの方に助けてもらいながらも何とか夫婦で協力しながら午前中にできあがりました。

ロケットストーブ 作りロケットストーブ完成間近・・

主な材料は ペール缶×2個 煙突(半直筒、 エビ曲、蓋つきT曲)3種類 パーキュライト(土壌改良材) ねじ(ペール缶2個をつなぐネジ&ワッシャー&ナット) 煙突固定金具
   道具は、 金切狭 ものさし マジック ペンチ プラスドライバー (あればディスクグラインダー) など

手順としては、まずペール缶2個の蓋を外す。一つの蓋には穴を開けて中に折り込んで始末しておく。中のオイルをきれいに処理する。下ペール缶の横穴を開け、はさみで切り開く。エビ曲煙突を中から外に刺しT曲の煙突とつなげて、固定金具でペール缶と煙突を固定する。エビ曲と半直筒缶とをつなげて、バーキュライトを八文目ほど(上のペール缶を載せる位置までしっかり詰める)入れる。上ペール缶の底に煙突の穴を開け切り開き折り曲げる。上ペール缶の底穴に下から伸びている煙突を刺してパーキュライトを口いっぱいまで詰めて最初に外した蓋の穴から煙突の先を出す。蓋をペール缶に固定する。小さい蓋の穴からパーキュライトをしっかり入れて最後に蓋をする。上と下のペール缶をねじで固定する。
ペール缶から出ている煙突を好みの長さに折って完了。満足な出来上がり!

このストーブはなんといっても火力がすごい!どんどん火を引いて燃えます。さっそく羽釜でご飯を炊いてくださったのですが、とても美味しくいただきました。お世話してくださった方々に感謝です。ありがとうございました。
梅雨の合間の晴天の日にペール缶を使った物作り、新たな工作を楽しんだロケットストーブ作りでした。


ロケットストーブでお料理ブロッコリー

そんなわけで、今日は雨上がりの庭でさっそくロケットストーブの火力を試してみました。
庭の邪魔物だった枯れ枝や、廃材など燃やす物には事欠きません。有り合わせの五徳代わりの網を載せて、アウトドアー用のお鍋でお湯を沸かし、我が家の庭でできたブロッコリーなどを茹でてみました。

良く燃えるのでついつい薪を見つけてきてはたき火を楽しんでしまいました。

これは使えるかも!

スポンサーサイト
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。