スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥居峠、山岳古道から訪ねる四阿山登山

4月28日 嬬恋村観光商工課開催の四阿山トレッキングに参加

トレッキングコース

○十年ぶりの鳥居峠からの四阿山、けっこうハードな登山だったことばかりが記憶に残っていたので、参加には躊躇したのですが、こんな機会でもないと鳥居峠からは登れないかもと参加してきました。

鳥居峠から林道に車の乗り入れが可能になって、片道約3キロもの道のり歩行がカットされたぶん楽になりました。
午前八時に駐車場に集合。
8:15分最初の目的地「的岩」に向かって出発。

的岩

8:40分 的岩到着

的岩で   的岩。

今回の登山は「真田一族信仰の四阿山を訪ねるトレッキング」ということで、嬬恋村文化財調査員の方により山にまつわる歴史などの解説付きです。幼いころから目に慣れ親しんだ山を深く知ることは意義あること、新しい発見が多々ありました。

的岩(まといわ)
概要ー鳥居峠登山口から四阿山頂へと続く尾根の中腹に、的岩又は屏風岩ともいわれている珍しい岩があります。岩脈は、幅2メm、延長は400mの安山岩の屏風岩で国の天然記念物に指定されています。

的岩までのトレッキングには昔何度か行きました。岩の上で写真を撮ったり寝そべったり・・・・・年月を経て草木が伸びたせいかイメージが少し変わっていましたが、あの雄姿は昔のまま、懐かしく見てきました。

分技到着浅間山噴煙鹿沢スノーエリアスキー場

的岩からのコメツガの林を抜けると嬬恋側からの雄大な景色が見え隠れして、お花畑といわれる開けた岩場を過ぎるとようやく古長井分技に到着です。

9:30 古永井分技  休憩

古永井分技より嬬恋側風景

梅雨の合間のラッキーな日。くっきりと見えている浅間山の噴火口からは絶えず煙が上がっていました。煙が出ているうちは爆発しません

山頂の祠山頂山頂に立つ

11:00 山頂 予定時間よりハイペースで登って来たようです。私かなり・・・ヘロヘロ (´Д`) フゥ

でも登れてよかった・・・v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

登る途中で吹いていた強風でしたが不思議と山頂は穏やかで、ここで予定通り昼食。あいにくの雲の中の山頂でしたが、時折霧が流れて眼下の景色が広がります。

山頂からの風景

11:45 下山開始。 

湧水案内板コマクサ

行きにも休憩した「嬬恋清水」 で水汲み

冊子の見どころメモより
神の水、天空の名水「嬬恋清水」
★標高2200m付近にある湧水は関東最高地の湧水です。受益面積が極端に少ないのに、通年湧出している奇跡の水といわれます。その水温は年間通して五℃。そして唯一軟水系の湧水です。
★修験者や山伏たちが飲用し、守られてきた旧「熊野清水」です。

とても素晴らしい名水のようで、私も是非行って触ってみたかったのですが、100mほど道を斜めに下らなくてはならないのが気になり、ここは体力を温存しなくては・・・と。夫さんに飲みかけの飲料水を捨ててそこにお水汲みを頼んで、入り口で待機していました (=^^=) ニョホホホ

本当に美味しいお水でしたよ!


ひと休み

13:00 古永井分技

13:50 華童子の宮跡

華童子の宮跡華童子の宮跡は・・石の祠

雷雨が来るのではと心配しながら登り始めた四阿山でしたが、ここに来るころにはすっかり青空が広がり、草生す宮跡には夏のお花が盛りでした。下山途中にも数々の石の祠がありましたが、昔この山中に修験者たちの信仰の拠点があったなんて驚きです。自然環境の厳しさを里でさえ痛感しているのに、この山中で・・・・(  ° ▽ ° ;)

14:40 無事に駐車場に戻ってきました。予定よりだいぶ早かったですが、我が家にとっては好都合。
7.9キロ 6時間30分標高差770mの山歩きでした

登山:鳥居峠林道終点ロータリー(標高1,580m)⇒的岩(標高1,770m)⇒古永井分岐(標高2,040m)⇒嬬恋清水分岐(標高2,200m)⇒四阿山(標高2,354m)

下山:四阿山(標高2,354m)⇒古永井分岐(標高2040m)⇒花(華)童子の宮跡(標高1,780m)⇒鳥居峠林道終点ロータリー(標高1,580m)

登山終了後、嬉しいことに四阿山登頂証明書なるものまでご用意いただき、良い記念になりました。
お世話になった皆様には感謝、感謝です。ありがとうございました。


コメントの投稿

非公開コメント

良い登山だったようですね

グループで行く登山も楽しいですよね。普段は単独登山がほとんどのわたくしですが、たまに話し相手がいる登山をすると新鮮で良いです。

山頂のあのほこら、あの石積み、覚えていますよ。きれいな白木の賽銭箱みたいなのはボクが登った時は無かったような・・・
晴れていたら画像のような眺望が望めたのですね。まぁ過ぎた事ですので悔しがらないようにしますです。

嬬恋清水おいしそうですね。ボクだったらペットボトルでお持ち帰りしちゃいます。

神聖なお山はそれでけで山岳信仰の源。由来を知るとお山の懐の深さをさらに知る事が出来ますよね。
四阿山登頂証明書ですかぁ・・・ボクも欲しいですぅ。さらに「荒天」の二文字をタイトルに付けて貰いたい・・・ってまだこだわってます。

PS, 先週末に甲斐駒ヶ岳に登りたくて往復400Km走って奈良田の登山バス乗り場まで行きましたが、雨が酷くてなにもせずに帰ってきました。梅雨時の登山ってのは運もありますね。

fiby さんへ

v-22ども~
梅雨時期の登山はドキドキです。特に前々からの予定の団体行動となると、自分勝手に取りやめるわけにもゆきませんからね。でも、この日は本当にラッキーで、心配していた悪天候にならずに済みました。

・・・ん、そういえばfibyさんの四阿山初登頂は最悪のコンディションの日でしたね。遠くからわざわざ車を飛ばして来るわけですから、多少の悪天候はプッシュしちゃいますよね。
お天気ばかりはどうにもなりませんからね・・・・
気を取り直して、この次の四阿山は好天のときに、ぜひ鳥居峠から登ってみてください。
甲斐駒ヶ岳も残念でしたね。でも引き際も大事。山は逃げないからね。
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。