スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群馬帰省旅・・・・茂林寺


 茂林寺


館林市つつじヶ岡公園の見学を終えて、近くに「分福茶釜」で有名な茂林寺があるので、そちらにもまわって見ました。
参道を少し行って境内に入ると寺への参道の両側には狸や茶釜の石造が並んでいる、ちょっと感動。

狸たち

こちらのお寺は分福茶釜の昔話で有名なお寺なのです。
幼い頃にはよく聞いたお話でしたが、もう内容は殆ど忘れているのでちょっと紹介です。

「文福茶釜(ぶんぶくちゃがま)」

 「文福茶釜」は、狸または狐が茶釜に化けて人間に恩返しをする昔話です。東北から九州まで広く語り伝えられています。

 茶釜に化けた狸が熱くてたまらずに逃げ出していく話と、再び男のもとへ戻ってきて見せ物などになって金儲けさせてあげる話があります。江戸時代に、ユーモラスに描いた後者の話がおとぎ話として本になり、人気を博し、“文福茶釜”といえば、茶釜から顔や手足を出して踊ったり、傘を持って綱渡りの曲芸をして見せる、現在のような不思議で愉快な狸のイメージが定着していったようです。

 “文福”は、ブンブクブンブク、茶釜の湯の沸く擬音からきているということです。

 また、この話は昔話にとどまらず、群馬県館林市の茂林寺(もりんじ)の伝説としても知られています。伝説は次のようなものです。

 旅の僧・守鶴(しゅかく)が寺においていった茶釜は、いくらくんでもお湯がなくなりません。そればかりか、そのお湯は飲む人の好みどおりに熱くもなければぬるくもありません。実はこの茶釜、狸の化けたもので、こっそり踊りだしたりするので、住職は気味が悪くなって道具屋に売りはらってしまいます。茶釜は夜になると踊りだすため、道具屋の間を転々としますが、ある道具屋がこの踊る茶釜を見せ物にします。すると、大評判になって大儲けをします。

 大儲けしたこの福を道具屋仲間で分けあったことから、茂林寺の茶釜は、福を分ける“分福茶釜”の名がつけられたといわれています。昔話との関連は薄いということです。

 茂林寺の参道には大きな狸の焼きものが並び、伝説の茶釜が寺宝として大切にしまわれています。

・・・・・・・・・・・・・・・以上 抜粋でした。

守鶴堂


お寺の境内には大きな枝垂れ桜の大木があり、今はもう葉っぱだけの木でしたが、お花の時期にはさぞかしきれいだった事でしょう、満開の時に見てみたい桜でした。
他には藤の棚やつつじ、ボタンなどが咲いていて、小さいけれど静かな感じの良いお寺でした。

ぼたん


こちらの公園の中には、芝桜庭園の標識も・・・・・・・→

コメントの投稿

非公開コメント

ぶんぶく茶釜のお寺ってこんなところにあったのね。なかなか雰囲気のあるお寺でいいすね。狸の行列,お見事!! うちのだんなが行列の最後に並んでいても全く違和感なし。

まゆぽさん

v-22おはようさ~ん、ご無沙汰でした。
遊びすぎでパソコンを開く暇がありませんでした、お返事が遅くなってすみません。(*^▽^*) ニョホホ

>うちのだんなが行列の最後に並んでいても全く違和感なし。
(* ̄m ̄) プププッ 思わず笑ってしまいました、そ そんな・・・
茂林寺、機会があったらご主人様と是非・・・・・



タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。