スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禿岳登山

10月17日 禿岳(カムロダケ)登山
禿岳 

山形県と宮城県の境にある禿岳(標高1262m花立峠登山コース)に登ってきました。

禿岳登山口 

10:45分、登山道を登り始めるとすぐに、パラグライダーをしている人たちが集まっていました。
女性のほうが人数が多い・・・・・σ(⌒▽⌒;)飛んでみたい・・・などと密かに思いつつ・・・

パラグライダーも 5049

お天気もよく、紅葉も真っ盛りの登山道に入ってゆくと、間もなく一合目の立て札がありました。
一合目からあるのって珍しいかも・・・・
・・・という事で9合目までの標識を追ってみました。

1合目   2合目   3合目 

一合目から始まったブナの樹林帯
素晴らしくきれいに紅葉していました。このような中を歩くのって久しぶりな気がして、幸せ気分に浸りつつ登ってゆきました。

ブナの登山道 5179  4合目 


辺りの景色はとても美しくて感動的なのですが、上り坂はだんだん急になり、なぜかこの日の疲労感はいつに無く辛いものがありました。


5合目 5101  疲労度8の6合目  ブナ林 5187

何度も何度も休憩しながら、前へ前へと勇気を振り絞り、登らねば着かない頂上を目指して登るのでした
 (´△`) ふう~ 

7合目  山頂を目指し・・

だんだん頂上に近づくにつれて紅葉の色は茶系になりましたが、樹林帯から見晴らしの良い尾根歩きへと登山道も楽に歩けるようになりました。
頂上も見えてくると元気も湧いてきます。
でも、今回の登山は厳しかった気がしますが、病み上がりの要素があったせいでしょうか。などと自己分析。ただお腹が好いていただけなのかも知れないけど・・・・・(* ̄m ̄) ププッ


 8合目   9合目 5071  不動明王 

9合目につく頃になって空模様が怪しくなり、雲が下りてきて景色はあまり見えなくなってしまいました。せっかくの頂上なのに・・・・残念
9合目にある石の祠の中には、厳しい形相の可愛い不動名王様が奉られていました。

12:20分山頂到着、山頂でお昼ご飯を食べて元気を快復。視界も無いので仕方なくそそくさと下山し始め途中まで来て振り返れば、なんと山頂はよいお天気になっているではありませんか。
ちょっと悔しい思いもしましたが、もう一度登る元気はありません (* ̄▽ ̄*)

禿岳山頂    鬼首方面 

本を頼りに情報不足のまま登った初めての山でしたが、ちょうどブナの紅葉の美しいときに来れた幸運。この日一番のご馳走はこの紅葉の中を歩けた事でした。

下山後、せっかくなので鳴子峡まで足を延ばして見る事にしました。
まだ少し紅葉のピークには早いようなので、そのまま通り過ぎて中山平温泉「しんとろの湯」で入浴。とろとろ?ぬるぬる?つるつる?形容しがたい良い温泉で、疲れもすっかり抜けた感じでした。
お値段420円も魅力的でした。

禿岳、なかなか良い山でした。


ブナ林 

コメントの投稿

非公開コメント

サクサクと~

落ち葉を踏みしめて頂上目指して黙々歩くなんて、非力な私には出来ませんが、素晴らしい眺望だけを頂戴します。
自然は春の新緑、秋紅葉と季節の移ろいを見事に見せてくれますね~

へぇ、禿岳ですかぁ。禿げている感じでもなにのに面白い名前の山ですね。紅葉がきれいです。踏み跡がしっかりしていて分かりやすい登山道みたいですね。

だいぶお疲れだったご様子。山登りに関してはボクなんかよりずっとキャリアのあるミーさんに申し上げるのもおこがましいですが、山登りの疲労ってやっぱり標高差はけっこう大きな要因になりそうな気がします。

1200m級の山ですから、実標高だけ見れば日帰りにお手軽な山に見えます。でも踏み出しが一合目からだとほぼ標高差1000mを登ることになりますよね。これは決して楽な標高差ではないです。

でも山登りって苦労して登った者だけが味わえる達成感がありますよね。この位登れれば、ミーさんの足の完調も近そうですでなによりです。

標高差で思うのですが、富士山の五合目が場所によって大きく標高が違うってのはちょっとどうかと思いますよね。
富士宮口五合目2400mに対して御殿場口五合目は1440mしかありません。その差1000m近くある。

すいません愚痴です・・・

オジィさんへ

v-34こんばんわ~

自然は素晴らしい四季の変化を見せてくれますね。
そんな素晴らしい営みを見に行かねばの一心で自然の中に出てゆきます。
あの日はブナの素晴らしい紅葉シーンが見れた最高の一日でした。(-||-)合掌

Re: Fibyさんへ

> v-34こんばんわ^^)
>
> 禿岳の名前の由来についてはこのような記事を拝借してきました。
>
> {「かむろ」とは頭が禿(は)げていることである。秋田・山形・宮城の三県にまたがって「神室(かむろ)山地」がある。北から「前神室山」「神室山」「大鏑(かぶら)山」「禿岳(小鏑山)」が連なり、「かむろ」にあえて「神室・鏑・禿」の3文字を使っている。神室山は古くから信仰の山として崇められてきたのでこの字を当てたのだろう。「鏑」は音を拝借し、「禿」は山の姿を反映したものだ。禿(かむろ・ハゲ)の名を持つ山は、頂上付近が禿ている場合が多いが、地質と地形の関係で 山肌が剥げ落ちている山もある。」
> そう言えば確か山肌が禿げていたかも・・・・(*^▽^*)
>
> 標高差はそれほどは無いんですよ。登山口の花立峠が801mですから、標高差は400mくらいです。
> そんな・・・1000mなんてとても登れません (^^;;)
> 一合目の標識は、たぶん花立峠からの一合目という事だと思います。
> 800m地点は紅葉の真っ盛りで、パラグライダーの方たちが羨ましかったです。
>
> 登山口によって標高差があるなんて、わがまま・・・・その山。(^▽^笑)
> 富士山全コースを踏破されたFibyさん。さすがお若い方は勢いが違いますね。
> σ(⌒▽⌒;)も若い頃には上りましたが・・・・

病みあがり初登山 In カムロ

病みあがりの初登山ですね、
ハゲ(カムロ)へは8/20日へ行って花立峠へ下山したので興味深く読ませて貰えました。
中山平(しんとろ湯)そんな変わった温泉に興味あり、今年中に行くかも情報有難う御座います。、

蔵王の野人 さんへ

v-34こんばんわ

ハゲって言うんですか・・・(* ̄m ̄) ププッ かわいそう禿岳。
しんとろの湯はかなり濃厚な感じで、初体験でしたあのようなお湯。お肌つるつるになったような気がしましたが、もう効果はなくなってしまいました。又行ってみたいものです。

おぉ、なんと

禿岳にはけっこうシリアスな歴史があるんですねぇ。でもやっぱハゲ山なのね。ご説明ありがとうございます。

そこの一合目は標高800mもあるんですね。何合目ってどんな基準で付けているんでしょうかね。けっこうアバウト。でもそんな何合目っていう看板は、あとどれ位で山頂かという励みにもなってありがたいものです。某山で七合目、本七合目、元祖七合目と来た日にはがっくりきましたが・・・ (^_^;)

あぁ、ボクも紅葉狩りに行きたいです。

Fibyさんへ

v-34ドモ~♪ヽ(^-^ )

禿岳登山は話せば長いいきさつがあって、結局この日の登山場所に決定して歩き始めたようなわけでして。山頂のハゲは治ったのか、普通でした。(*^▽^*)
登山口が800mもあったなんて、記事を書くのに調べて分かったんでが、そんな高かったなんて知りませんでした。
紅葉は7,800mあたりが見ごろとニュースで言っていましたから、きれいなわけですよね。

>某山で七合目、本七合目、元祖七合目・・・・

面白いですね。でも、それだけ昔から日本中の登山者が足げく通った歴史のある山なんでしょうね。
確かに標識ははじめての山では目安になってありがたい存在ですね。
この秋、一度は紅葉狩りにお出かけになって下さい。東北も良いですよd(^_^o)
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。