スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田駒ケ岳 登山

7月18日 秋田駒ケ岳
DSC_1294tazawako.jpg

森吉山を登り、マタギの湯につかって家に帰るつもりでしたが・・・・
田沢湖まで来て、やはり、気になっていた秋田駒ケ岳を湖の対岸に見てしまい・・・
翌日も良いお天気みたいだし、又出かけてくるのも大変だしと、急きょ泊まって翌日に秋田駒ケ岳に登る事に決まりました。
泊まると言っても予約もなしで三連休の中日に宿を見つけるのは困難でしたが、何とかバスの発着所近くの温泉付きの民宿に泊まる事が出来ました。着いたのが遅かったので夕食は無しで、食料はコンビニで調達。
小さいけれど温泉もなかなかgoodでした。

駒が岳八合目

おかげで朝一の次のシャトルバスに乗る事ができ、7時には駒ケ岳の8合目登山口から出発することが出来ました。
時間に余裕があるから、心おきなく写真が撮れるぞ!

ということで、たくさんの画像をアップしてみました。

DSC_1369山小屋

さすがに早朝、人影もまばらでいい感じ。
宿で用意してもらった朝食のおにぎりを阿弥陀池のほとりで食べて、前回来た時にはたくさん咲いていたチングルマを見に、山小屋の裏手の斜面を下ってみました。

DSC_1360  チングルマも・・

まだ咲いていました、チングルマ。残雪もわずかに・・・

登るか、下るか・・・

時折ガスが辺りを覆い尽くすお天気でしたが、やはり目的の駒池のある通称ムーミン谷を歩かねばと、男岳と馬の背と谷への分かれ道に立ち、この急坂を登るか下るかでしばらく迷った挙句に、今回は登る事に決めて、馬の背を登り始めました。

DSC_1427馬の背

9:37分
なかなかのスリリングなコースでしたが、途中で霧が晴れて谷の中が見渡せて、素晴らしい景色でした。

DSC_141馬の背から阿弥陀池

霧の中からあらわれる神秘的な景色、一幕ごとのシーンを見るようで得した気分になれるのも楽しいかもね。

DSC_1426馬の背からムーミン谷

高い所、ワクワク (*^▽^*)ゞ

DSC_1433女岳と駒池


女岳も良く見えてきました。

DSC_1416 トンボ?  DSC_1413 蝶?

シャクナゲのお花の写真を撮っていると、すぐそばに、このような昆虫が・・・・
トンボなのか蝶なのか・・・?


DSC_1460大焼砂へ

10:21分
馬の背から横岳山頂を通過して、大焼砂へ。
小さなコマクサがたくさん咲いていました。

DSC_1477ムーミン谷へ

11:03分
国見温泉からの分岐点、横長根合流からムーミン谷へ。
お花畑の素敵な谷間です。


DSC_1529komaike.jpg

11:30分
休憩しながらゆっくりとこの景観を楽しみます。

駒池から大焼砂方面

青空に大焼砂の黒さが際立ちます。

1.jpg  2.jpg

駒池の中で怪しい動きが・・・・

餌 捕りました  DSC_1539tori.jpg

鳥でした。
何の鳥でしょう、見たことない地味な鳥です。
昼食の時間だったようです。("⌒∇⌒")


エゾツツジ

今回、一番目についたのはピンクのエゾツツジだったかもしれません。
可憐なお花です。


DSC_1561 ムーミン谷

時折霧が流れて、神秘的に谷の景色を演出します。なんとも心地よい空間。

DSC_1567ezotutuji.jpg

11:54分
次第にムーミン谷の緩やかな登山道も傾斜を増して、山が近づいてきます。

DSC_1575  登る

標高差200mとか。
気合いを入れてのぞまねば・・・と登り始めましたが。

DSC_1592  登る

写真を撮りながらゆっくりと登ったせいか、気がつけば山頂にと言うほど楽に登りきることが出来ました。
山は登りの方が楽なのだと痛感しました。
登りを選んだ理由は、前回大焼砂の長い砂礫の道登ったのがとてもきつかったからですが、今回正解でした。

DSC_1638 男岳に咲くニッコウキスゲ

12:49
男岳を少し登ったところで昼食。
ガスが晴れた男岳の斜面にはたくさんのニッコーキスゲが咲いていました。

DSC_1636 阿弥陀池

阿弥陀池もみえてます。

DSC_1673 男女岳

13:55分
今回、3回目の秋駒登山。
いまだ未踏の男女岳(おなめだけ)にも登って来ました。

DSC_1682  男女岳

階段がきつかった・・・

DSC_1703  男女岳から ミヤマダイコンソウ

こちらの斜面にはミヤマカラマツやダイコンソウなど、またおもむきの違った景色が広がっていて、頑張って登ったかいがありました。

DSC_1709 男女岳から

秋田駒ケ岳、どこを撮っても絵になる景色。素晴らしい山です。
早朝から歩き始めて15:20分、無事に八合目バス停に到着。良く歩きました。

今回の温泉は、田沢湖 水沢温泉卿の中の露天風呂 水沢温泉に入って帰りました。

山と温泉を満喫した連休でした。

帰宅して飲んだビールの美味しかった事    (*^O^)ノ□ プハー  

コメントの投稿

非公開コメント

花の山

早池峰、森吉、秋田駒、花どころ、一気加勢に行きましたね、
花の山癒されました、

私事で恐縮ですが、2日の早池峰は道の無い沢、岩を登ったので、ルート間違いで、1.5時間ロス、最終バスに乗り遅れ、車道2時間かけて歩きました、岳の駐車場に着いたのは20時でした、車道には沢山の蛍が飛んでましたよん、概ね、12時間行動、宮城に着いたのは、もう少しで翌日になるとこでした、
訓練のたわものですね、皆さん身体はピンピンしてました。

おぉ、秋田駒

1637mですかぁ。がんばりましたね。神奈川県の最高峰蛭ヶ岳と同じくらいです。
ムーミン谷とはまた良いネーミング。まさにそんな風情を感じさせる風景です。7時間掛け、山頂に午後二時くらいについて三時半には下りられてしまうって面白いルートですね。

お花のことはわかりませんが、鳥は水を恐れない様子からカワガラスかなぁ。
ボクも今夏は南アルプスの甲斐駒ヶ岳を狙っております。まずはお休みを作らなきゃ・・・

タフだな~

お母様の七回忌までは理解できますが、その後の山登りには毎度のことながら感心いたしました。
綺麗な景色と花に鳥、思わず見とれてしまいました。
すごく険しい山道ですね。
ワタシは高所恐怖症の上、最近足もつれが激しいため、今回も見るだけで満足いたします。

ナマステさんへ

v-22こんにちわ~

はい、今年は早池峰、森吉、秋駒、薬師岳、お花めぐりの山歩きが出来ました。山は行ける時に頑張って出かけないと、特にお花の時期を逃してしまいますね。
どの山も素晴らしく気持ちの良い山歩きが出来ました。

>2日の早池峰は道の無い沢、岩を登ったので、ルート間違いで、・・・・

あらら・・ナマステさんでもそのような事があるんですね。
健脚な皆さんとはいえ、早池峰山を歩いて、さらにあの道を徒歩で下ったとは、本当にお疲れ様でした。
でも、蛍のおまけはラッキーでしたね。きれいだったでしょうねぇ。
ナマステさんのブログで蔵王の山々を懐かしく拝見しています。

fibyさんへ

v-22こんにちわ~

今回初めて駒ケ岳の最高峰を踏破して来ました (^▽^笑)
秋駒の地形は複雑で、山あり谷ありの変化に富んだ地形になっています。
標高はたいしたことがありませんが、登ったり下ったりと今回も標高差500mくらいは歩いたような気がします。
最後に登った男女岳は、阿弥陀池から標高差100mくらいと思いますが、けっこうきつかったです。ガスも深くなってしまってたし、疲れていたのでさっさと下山して来ました。
雨にも降られず、炎天下にもさらされず、良い山歩きが出来たと喜んで帰りました。
Fibyさんも、いつか秋駒歩いてみて下さいね。

オジィさんへ

v-22こんにちわ~

たふ・・・かもしれません(^▽^笑)
でもねぇ~山の素晴らしい景色の中に身を置くと、ついつい欲が出てしまって、土日に家でくすぶっているのがもったいなく思ってしまうんです。
次々に種類の違ったお花が咲きますし、見ておかないと損するような気もして・・・・("⌒∇⌒")
老体に鞭打って歩いていますぅ。
タグリスト

気ままなひとり言
AquariumClock 2
ご来者数
ようこそ いらっしゃいませ (*'ー'*)♪

無料カウンター
プロフィール

 まま ミー

Author: まま ミー
故郷の地に落ち着いて、家庭菜園、山歩き、趣味、色々・・・の気ままブログです。

  • 管理者ページ
  • リンク
    メールフォーム
    ままミーへのメッセージです    φ(..;)メールよろしく・・・・

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    掲 示 板 
    ようこそ♪ ままミーの掲示板です  入り口はこちらから ↓ <(_ _)>
    最近の記事
    最近の記事+コメント
    お越しくださってありがとう♪
    カテゴリー
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    CalendArchive
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    最近のトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。